日常エウレカ、ヘウレーカ

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

【関ジャム完全燃SHOW】音楽界のクセ者が本気で選考!! 次来るアーティスト10組

昨日2017年8月20日、テレ朝系「関ジャム完全燃SHOW」で、今後注目されるアーティストを紹介する「音楽界のクセ者が本気で選考!! 次来るアーティスト10組」が放送されました。

 

「関ジャム完全燃SHOW」と言えば、以前、音楽プロデューサーの蔦屋好位置さんが、日食なつこさんの楽曲「水流のロック」を紹介したところ、日食なつこさんの公式HPにアクセスが集中して、一時サーバーがダウンするなど、音楽好きな視聴者の反響が大きい番組です。

 

今回は、音楽プロデューサーではなく、業界のクセ者(?)と言われる6人の方々が、今後注目されるアーティストを紹介しました。

クセ者として、ゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院翔さん、日本語ラップの先駆者であり、 文化人・小説家としても活躍するマルチクリエーターのいとうせいこうさん、人気アイドルユニット・でんぱ組.incの元プロデューサーとしても有名な東京藝大出身のもふくちゃん、インディーズアーティストを多数発掘してきたタワーレコードのレーベル事業部部長・行達也さん、年間約1000組のステージをチェックするという、伝統あるライブハウス「新宿LOFT」の店長・大塚智昭さん、ラジオの音楽番組や音楽フェスのMCも務める、お笑い界屈指の音楽マニア・お笑いトリオ・グランジグランジ遠山さんが、様々なアーティストを紹介しました。

 

紹介されたアーティストをみていきましょう。

 

ゴールデンボンバー鬼龍院翔さんの紹介】

オメでたい頭でなにより」

2016年に活動開始したインディーズバンド。

ボーカル・赤飯さんは、以前、ニコニコ動画で活躍していて、 男声・女声・デスボイスを使い分けるとのこと。

忘れらんねえよ」

2011年にメジャーデビューしたロックバンド。

鬼龍院さん曰く、「負け続けるのにカッコイイ!」とのこと。 

 

【もふくちゃんの紹介】

satellite Young

2013年に結成した歌謡エレクトロユニット。

80年代歌謡曲を現代風にアレンジした楽曲が特徴。

アメリカの音楽フェスにも出演を果たしている。

 


Satellite Young "Dividual Heart" Official Music Video [HD]

 

タワーレコード行達也さんの紹介】

THE CHARM PARK」

2015年にデビューしたシンガーソングライター。

韓国生まれ、アメリカ育ちの29歳のアメリカ人で、日本で音楽活動をしている。

緑黄色社会」

2017年にインディーズデビューした愛知発の男女混成バンド。

ボーカルの長屋さんの歌声とビジュアルが女子高生に人気。

「GLIM SPANKY」なども輩出した、10代限定ロックフェス「閃光ライオット」で、2013年に準グランプリを獲得。 

 


緑黄色社会 / 始まりの歌

 

いとうせいこうさんの紹介】

THE BASSONS」

2015年結成  ファンク・メタル・ロック・バンド。

ボーカルとベースとドラムだけという珍しい編成のバンド。

 海藻姉妹」

2015年にCDデビューしたインストバンド

いとうさんは、高い演奏力と編曲力を評価。

 

新宿LOFT店長・大塚智昭さんの紹介】

イギリス人」

2004年結成の6人組のパンクバンド。

巣鴨を拠点の活動していて、「スガモッシュパンク」を掲げている。

大塚さんは、若者からお年寄りまで、どの世代にも行け入れられる音楽性を評価している。

 

グランジ遠山さんの紹介】

NakamuraEmi」

2016年に、33歳でメジャーデビューした女性シンガーソングライター。

すべてをさらけ出すようなリアルな歌詞が特徴。 

 


NakamuraEmi - 「メジャーデビュー(Studio Session)」 MusicVideo

 

ReN

2016年にインディーズデビューした男性シンガーソングライター。

「ループステーション」という、演奏した音をその場で録音し繰り返し再生できる機械を使用し、「一人多重演奏」をして、アコースティックギター一本でバンドのようなサウンドを奏でる。

ONE OK ROCK」の福岡公演のオープニングアクトとして出演も果たす。

 


ReN - Life Saver [YouTube Music Sessions]

 

・・・以上、紹介されたアーティストをみてきました。

以前の日食なつこさんのような大きな反響があったかどうかはわかりませんが、個人的には、番組放送前と、放送翌日の朝の「iTunes ソング・ランキング」に注目していました。

以前、当ブログでも取り上げましたが、番組で紹介された日食なつこさんの曲や、清竜人さんの曲が、放送終了後に、iTunes ソング・ランキング」でランクが急上昇した、という現象がありました。

 

今回は、100位以内への急上昇としては、ランクアップは確認できませんでしたが、YouTubeの再生回数、コメントなどに、若干の影響があるかもしれません。

 

紹介されたアーティストの今後の活躍にも注目していきたいところです。

 

今後も、「関ジャム完全燃SHOW」でどんなアーティストが紹介されるか楽しみですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

GLIM SPANKYがニューアルバムのジャケット発表&新曲を紹介!!

2017年9月13日(水)に、3rd アルバム「BIZARRE CARNIVAL」をリリースするロックユニット・GLIM SPANKYが、ジャケット写真と、新しいアーティスト写真を発表しました。

 

 

・・・なんか、サイケデリックでカッコイイですね。

 

で、同時にアルバム収録曲の曲名も発表され、3rdアルバムの視聴映像もYouTubeにアップされました。


GLIM SPANKY – 3rd Album『BIZARRE CARNIVAL』試聴映像

 

3rd Album「BIZARRE CARNIVAL」

 

・THE WALL

・BIZARRE CARNIVAL

・The Trip

・吹き抜く風のように(リード曲)

・Velvet Theater

・END ROLL

・Sanntag

・ビートにクス

・美しい棘

・白昼夢

・アイスタンドアローン

 

YouTubeより引用)

 

や、やった!!今まで音源化されてなかった名曲「Velvet Theater」(ヴェルヴェットシアター)が入ってます!!

Velvet Theater」は、この曲をタイトルに冠した「幻想的な」コンセプト・ライブを開催するほど、グリムの楽曲の中でも「幻想的」な側面を代表する曲とも言えます。

この曲が入っているところから、ニューアルバムの方向性を予想できるかもしれません。

 

また、先のミニアルバムからは、「美しい棘」と「アイスタンドアローン」の2曲が入っているようです。

 

視聴できる曲もカッコイイです。

BIZARRE CARNIVAL」とかは、今までのグリムっぽくない感じでしょうか。

 

いずれにしても、発売が楽しみなアルバムです。

 

スポンサーリンク

 

最上もがさんが、でんぱ組.inc脱退を発表

昨日2017年8月6日、最上もがさんが、所属していたアイドルグループ・でんぱ組.incを脱退したことを、自身のブログとツイッターで発表しました。

 

ameblo.jp

 

本日、8月6日、でんぱ組.incを脱退しました。
突然のお知らせとなってしまい申し訳ありません。

また6人でステージに立ちたいという気持ち、メンバーのことを好きな気持ち、何1つ変わってはいないのですが、どうしても心と身体のバランスが取れなくなり、このままでんぱ組.incとして活動していくことがとても難しくなりました。

 (以下、略)

 

(上記、最上もがさんのブログ http://ameblo.jp/mogatanpe/entry-12299302982.html より一部引用)

 

・・・でんぱ組.incのファンであれば誰しもが、予想が出来ない展開ではないのかもしれませんが、やはり実際に「でんぱ組.incを脱退」となると、かなりショックです。

 

体調があまり良くなかった、というのが理由らしいです。

以前から、最上さんがライブやその他のイベントをドタキャンするのは、珍しいことではなかった印象があります。

 

最上さんと言えば、グラビアなどでカラダをはったり、多方面で活躍して、でんぱ組.incの認知度を一番上げてくれたメンバーかもしれません。

また、最上さん自身は「歌も踊りもあまりうまくない」というようなことをたびたび発言していますが、最上さんの静かで優しい歌声には癒されました。

でんぱ組.incのヲタの一人として、5年間お疲れ様でした、そして、本当にありがとう、と言いたいです。

 

ちなみに、「卒業」ではなく「脱退」。

また、「脱退します」ではなく、「脱退しました」という事後報告。

ここらへんが、「金色の異端児」とも自称する最上もがさんのアイドルらしからぬところで、いかにも最上さんらしい印象です。(脱退に関するライブもしないようです)

 

確認できたことは、

  • 今後は、「最上もが」としては、体調をみながらソロで活動するということ。
  • でんぱ組.inc」は解散しないということ。

ということでしょうか。

 

で、でんぱ組.incの公式サイトでは・・・

「最上もが」は、脱退後も引き続き、
ソロ活動をおこなって参ります。

尚、でんぱ組.incは今後も、
相沢梨紗古川未鈴夢眠ねむ
成瀬瑛美藤咲彩音の5名の
メンバーで、グループとして活動を
続けてまいります。

 

でんぱ組.inc公式サイト - 『最上もが』グループ脱退に関するお知らせ より一部引用)

という運営のコメントと、

この度、メンバーの最上もがちゃんの卒業を
発表させていただきました。
この6人でのでんぱ組.incを応援してくださり、
6人揃ってのライブを楽しみに待っていて
くださったファンの皆さんの期待に
応えられない事、大変申し訳ありません。
もがちゃんからの決断を受け、その決断を
尊重して受け入れる事にしました。
私たちも今後この6人で活動が出来ない
ことはただただ寂しさで一杯ですが、残った
メンバーでより一層、ファンの皆さんに喜んで
いただけるよう、もがちゃんの分まで、
でんぱ組.incは全力で走っていきます。

 

でんぱ組.inc メンバー一同

でんぱ組.inc公式サイト - 『最上もが』グループ脱退に関するお知らせ より引用)

 ・・・というメンバー一同のコメントを掲載しています。

 

で、メンバーやら関係者の方々がツイッターでつぶやいています。

 

センターの古川未鈴さんは・・・

 

リーダーの相沢梨紗さんは・・・

 

夢眠ねむさんは・・・

 

えいたそは・・・

 

(この記事を書いている時点で、ピンキー!は、まだツイートしていません。)

※注:記事末尾に、ピンキー!のツイートを追記しました。

 

でんぱ組.incの元プロデューサーのもふくちゃんは・・・

 

しょこたん♥でんぱ組」でコラボした中川翔子さんは・・・

 

ちなみに、水曜日のカンパネラコムアイさんも・・・

 

様々な方々がツイートしているようですが、このあたりで。

 

でんぱ組.incとしては、今後は5人で活動してくれるということですが、現在、でんぱ組.incライブ活動を休止している状態です。

ディアステージの社長の高瀬氏は、ライブの休止を「リノベーション期間」と説明していましたが、仮に、この最上さん脱退の件が、ライブを休止する理由の一つなのだとしたら、またライブを再開してくれるのでしょうか?

でんぱ組.incは、いわゆる「ライブアイドル」だと個人的には思いますし、ライブをやってこそ存在感が出てくるアイドルだと思うので、たとえ5人だとしても、ライブ再開を熱望します。

でも、最上さんが抜けると、「W.W.D」とか「W.W.D II」あたりの「6人」のことを描いた曲は、封印されちゃうかもですね。

 

いずれにしても、最上さんが、今後活躍してくれることを祈ります。

個人的には、今後もでんぱ組.incを追いかけていきます。

(解散しないで、お願い。)

 

[追記]

ピンキー!もこの件に関して、ツイートしました。

 

※元メンバーの跡部みぅさんも、ツイッターにて最上さんへエールを送っています。

同時に、自身のでんぱ組.incへの復帰を否定しています。

 

【関連記事】

ライブを休止しているでんぱ組.incの今後について、ディアステージ社長が語った! - 日常エウレカ、ヘウレーカ

 

スポンサーリンク

 

水曜日のカンパネラ IN THE BOX TOUR 2017.07.26@新木場Studio Coast へ行ってきました。

f:id:napamaru:20170727070222j:plain

昨日2017年7月26日に新木場スタジオコーストで行われた水曜日のカンパネラ(以下、水カン)のライブへ行ってきました。

 

個人的には、初めての水カンのライブなので、少し緊張。

若い女の子とか多くて、おっさんの僕は浮くんじゃないか?とか思ってましたが、おっさんが結構多くて、ひと安心。

 

本日は、ソールドアウトということで、スタジオコーストは満員でした。

入場が遅い方だったので、結構後ろの方に位置どりましたが、ちゃんと観えるかどうか微妙な位置。

f:id:napamaru:20170727070547j:plain

 で、少し遅れて開演。

 

水がせせらぐ(?)みたいな映像が会場全体に映し出され、水の音(?)みたいな演出でスタート。

歌唱担当のコムアイさんがなかなか出てこなくて、個人的には、なんとなく意味がわからない演出で、ちょっとイライラ。

 

で、コムアイさんが登場して、ステージで3曲くらい歌ったかと思います。

早速、「チャップリン」が聴けて序盤から嬉しい。

で、その後、薄い幕が降りてきて、シルエットでコムアイさんが踊る姿が映されました。

コムアイさんが現れたと思ったら、幕ごと客席の方へ覆いかぶさってきます。

f:id:napamaru:20170727070732j:plain

f:id:napamaru:20170727070754j:plain

(↑↑わかりにくい写真ですが、幕に覆われた状況)

 

僕の上も幕がかぶり、どうなっちゃうのかと思ってたら、幕はひいていって、コムアイさんだけ客席中央に残り、しばらくそこで歌ってくれました。

正直、ステージ上だと、ほとんどコムアイさんが観えなかったんですが、中央でやってくれたことで、ほとんど最前列みたいなラッキーな状態。

f:id:napamaru:20170727070935j:plain

「ユタ」を歌うところあたりで、客席は最初の興奮のピークへ。

 

その後も、車輪がついた小さな台(アイドルライブで言うところの「トロッコ」のすごく小さいヤツ。スタッフが押している)みたいなもので、どんどん移動していきます。

後方の一段上がった客席に移動して、お客さんの中で「ライト兄弟」を歌ったり、2階席の方へ走っていっては、また1階席の逆側へ降りてきて、客席をまわりまくって、なんか激しい「ディナーショー」状態。

 

再び客席中央で歌い、「シャクシャイン」でみんなで大合唱。

観客みんなで飛び跳ねる。大盛り上がり。

 

最後、「桃太郎」でお馴染みの透明のボールに入って客席の上を転がるパフォーマンス。

思ったより転がる範囲が狭くて、もしかしたら、客席の場所によっては消化不良かも。

f:id:napamaru:20170727071142j:plain

個人的には、ずっと自分の付近で転がっていたので楽しかったんですけど。

 

アンコールは、「一休さん」から。

2曲目、「アマノウズメ」で小さいミラーボールが降りてきて、コムアイさんが、それの乗る、というパフォーマンスでまた盛り上がりました。

 

最後、コムアイさんが、客席前方右手の方へ退場していき(正直、どんな状態か全く観えなかった)、会場全体に炎の映写が写しだされ、最後は炎が消えてライブ終了。

ライブ終了、というか、その炎がくすぶって、終わったかどうかよくわからなかったんですが、とにかく、ライブ後半、会場の「暑さ」が殺人的だったので、早く会場を出たくて、出てしまいました。

最初と最後の演出の意味が、あまりよくわからなかったかもです。

 

しかし、個人的に初めての水カンのライブでしたが、ホントに楽しかったです。

基本的に、1人の演者がオケで歌うだけ、という条件の中、アイドルのように、決まった振り付けがある訳でもなく、(舞台美術などあったものの)ほぼ手ぶらで出てきて、観客をあれだけ盛り上げるのは、すごいと思いました。

 

水カンの武道館公演の映像を観ていて、演出先行のライブだったら、ちょっとツラそう、という不安はありましたが、やはり、コムアイさんから観客に手が届く距離の「ライブハウス」規模でライブ・パフォーマンスするのが、水カンには相性がいいんじゃないでしょうか?と、ニワカの僕は思いました。

なんだかんだ言って、コムアイさんが入ったボールが自分の上にきたら、気持ちがすごく上がります。

今回のライブ、個人的にはお腹いっぱいです。

 

最後のMCでは、これからも頑張るから観にきてください、みたいなことをコムアイさんがお願いしてましたが、言われなくとも、これからも見守りたいアーティストです。

 

【2017.07.26 セットリスト】

 

1.ゴッホ
2.嬴政
3.チャップリン
4.オードリー
5.メロス
6.バク
7.ウランちゃん
8.ユタ
9.ピカソ
10.ライト兄弟
11.ツチノコ
12.シャクシャイン
13.世阿弥
14.坂本龍馬
15.桃太郎

EN1.一休さん
EN2.アマノウズメ
EN3.マルコ・ポーロ

 

 

スポンサーリンク

 

清竜人「TOWN」ライブ ツアーファイナル 2017.07.11@クラブチッタ に行ってきました。

f:id:napamaru:20170712075210j:plain

昨日2017年7月11日に、神奈川県川崎市のライブハウス・クラブチッタで行われた、清竜人さんのプロジェクト「TOWN」の全国ツアーファイナルのライブに行ってきました。

 

「TOWN」は、楽曲無料、ライブも無料で提供され、ライブに来るすべての観客と清竜人がバンドを組んで音楽をやる、アルバムを作る、といったようなプロジェクトです。

 

昨日は、竜人さんのマネージャーさんの事前のツイッターのつぶやきで、「バンド総勢100名、うちボーカルだけで60名」と言っていたので、どーなることやら、と思いつつ会場へ向かいました。

 

珍しくチケットの入場整理番号が10番代だったので、「これは、人生初の最前列をキープすべきか・・・」なんて思いながらクラブチッタに入場したんですが・・・

 

f:id:napamaru:20170712080031j:plain

 

・・・ま、まさかのセンターステージ。

ステージ前の最前列とか、あんまり関係なくなっちゃいました。

しかし、クラブチッタの規模の箱で、これだけのスペースを使ってのステージは、異例ですね。

そもそも、センターステージとか普段はつくらないですかね。

まぁ、たしかに、総勢100名の演者が出るとなれば、こうなりますかね・・・。

 

で、開演するわけですが、最初にバンドメンバーが続々と入ってきます。

確かに大勢なんですが、総勢100名はいないかも・・・でも、普段の「TOWN」とは比べものにならないほどのたくさんの人数です。

 

最後に竜人さんが登場。

「TOWN!行くぞ!Three! Four!」のかけ声で、ノイズで構成される楽曲「TOWN」から1曲目がスタート。

f:id:napamaru:20170712081738j:plain

スマホなどの撮影はOKなライブでした。)

 

その後のセトリは、事前に発表されている通り(記事の最後に掲載)。

 

とくかく爆音で演奏していて、耳が慣れるまでしばらく竜人さんの歌声も聴き取れなかったですが、この爆音のおかげなのか、会場は一気に興奮。

 

会場では、皆、グッズのタンバリンを鳴らしたり、手を上げたり、一緒に歌ったりと、とにかく大盛り上がり。

 

曲の途中で、竜人さんが観客の間をまわっていきます。

それはそれで気になるんですが、そんなことも関係なく、皆、歌って盛り上がります。

f:id:napamaru:20170712081832j:plain

f:id:napamaru:20170712081855j:plain

 

MCなしで、12曲を一気にやり尽くしました。

個人的には、5月以来、久々の「TOWN」でしたが、やっぱり楽しいですね。

 

客観的にみて、会場はスペースが目立っていて、お世辞にも「満員」とは言えない観客の入りでしたが、ライブとしては、ホントに盛り上がって、この「TOWN」のコンセプトを考えると「大成功」と言っていいんじゃないでしょうか。

 

半年くらいに渡って活動した「TOWN」プロジェクト。

ホントに「大団円」といった形で終了しました。

「TOWN」のコンセプトについては、賛否両論あったでしょうし、特に、「楽曲を好きになれない」、「曲が竜人っぽくない」という声もチラホラと耳にしました。

たしかに、ソロ時代や清竜人25時代の楽曲と比べて、かなり「ラフ」な感じに作られている印象は否めませんし、楽曲をダウンロードして音源だけを聴いていた時期は、僕も「TOWN」の曲は全面的には肯定していませんでした。

ただ、「みんなで歌う、演奏する、楽しむ」ということを前提に、ライブ会場で初めて曲を聴いた時、「この曲で正解なんだな」と、僕個人は思いました。

昨日も、6月以降に配信された曲を初めてライブで聴いて、やはり同じ感想でした。

とにかく、一連の「TOWN」のライブを開催してくれた竜人さんに感謝です。

 

で、今年2017年9月20日に「TOWN」のアルバムが発売されます。

いろいろな会場での音源をあわせてアルバムにする、ということらしいです。

【初回限定盤】

 2CD+DVD BOX仕様

 6500円+税

 【通常版】

 2CD

 3000円+税

 ・・・ということです。

このCDを皆で買って、少しでもこのプロジェクトが黒字に近づくと、今後の竜人さんの活動の幅がさらに広がるかもしれませんね。

 

 

とくかく、楽しかったです、「TOWN」。

ありがとう、清竜人!!

 

 2017.07.11 TOWN セットリスト

 

01.TOWN

02.それでいい!それがいい!

03.俺の街まで来いよ!

04.やりたくないぜ!

05.青春

06.I Don’t Know!I Don’t Care!

07.縮んでどこにもありゃしない!

08.糞小便の歌

09.おい!ハゲ!ボケ!カス!

10.大丈夫!大丈夫さ!

11.ケツの穴ちっちゃいね!

12.ほどほどに生きましょう!」

 

スポンサーリンク