日常エウレカ、ヘウレーカ

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

【ポルカドットスティングレイ】メジャーデビューアルバム「全知全能」を発売!

ネクスト・ブレイクのバンドなどに興味がある音楽好きの方は、既にご存知かとおもいますが、今、かなり勢いがあります、ポルカドットスティングレイ

 

本日2017年11月8日、ポルカドットスティングレイのメジャー移籍フルアルバムとなる「全知全能」が発売されました。

 

ちなみに、ポルカドットスティングレイ(以下、ポルカ)は、彼らのオフィシャルHPによると、「福岡県福岡市を拠点に、何かを企む 超常ハイカラギターロックバンド」ということです。

ボーカル・ギターの雫(しずく)さん、ギターのエジマハルシさん、ベースのウエムラユウキさん、ドラムのミツヤスカズマさんの4人組のロックバンドです。

 

先日のラジオでは、東京に拠点を移すことを考えているが、忙しすぎて引越しができない、というようなことを雫さんが言ってました。

 

で、このアルバム、ポルカの規模にしては、タイアップが多い印象です。

 

 

「リード曲」って、普通1曲じゃないのかしら?という疑問は置いておいて、

「レム」→サントリー「ヨーグリーナ」

「サレンダー」→ゲーム「23/7」のイメージソング

ショートショート」→ソニーPS4のCMソング

「BLUE」→みずほフィナンシャルグループのCMソング

・・・ほとんどがWebでの展開とはいえ、大手とのタイアップばかり!!

メジャーデビューということで、レーベルも頑張ったんでしょうが、ポルカに対する期待値の高さを表しているように感じます。

 


みずほダンス【<みずほ>公式】

 

 

1曲目、3曲目、5曲目、7曲目、10曲目、CDのみ収録14曲目は、過去に音源化された曲の「全知全能ヴァージョン」ということなので、新曲は8曲。

 

ボーカルの雫さんは、どちらかというと歌い方の「クセが強い」感じのボーカルだと思うんですが、今回のアルバムからは、クセの強くない、さわやかな(?)歌唱法を身につけたとのことで、「レム」や「BLUE」などにみられるようなスッキリした歌い方の曲と、「サレンダー」など、今まで通りクセの強い歌い方を使い分けていくようです。

 

しかし、雫さんは、音楽歴はそれほど長くないと自信で言っていますが、ホントいい曲を次々と作り続けている印象です。

また、エジマさんのギターのアレンジがすばらしいアレンジで、クセになるようなフレーズばかり、かつ個人的に好きなファンクっぽいアレンジも数曲あって、捨て曲がない印象です。

 

 

CDが売れない時代ですから、このアルバムのセールスがどうなるかはわかりませんが、ホントに捨て曲がない良質のアルバムだと思います。

 

来年2018年2月からは、このアルバムをふまえての全国ツアーが始まります。

今までのライブでは、「チケット瞬殺」な印象がありましたが、今回のツアーは都市部では収容人数1000人規模のライブハウスもありますし、会場も多いですから、なんとかチケット入手してライブに行きたいと思います。(ポルカのファンは若い方が多いから、おっさんにはハードル高いので、悩みどころですけど・・・)

 

これからが楽しみなバンドですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

今、話題のオンナバンド「CHAI」がヤバイ!?

2017年10月25日に、初のフルアルバム「PINK」をリリースした4人組ガールズバンド「CHAI」が、音楽好きの間で話題になっています。

 アジカンの後藤さんや音楽プロデューサー・ヒャダインさん、ロックユニット・GLIM SPANKYの松尾レミさんも絶賛する彼女たちとは?

 

 

※今回の記事は、上記のローチケの記事(http://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1710251002/)やCHAIのオフィシャルHP( CHAI - Official Website )を参考にさせていただいております。

 

ミラクル双子のマナカナに、ユウキユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』、それがCHAI。 

CHAI - Official Website より引用)

メンバーの担当は、マナがヴォーカルとキーボード、カナがヴォーカルとギター、ユウキがベースとコーラス、ユナとドラム・コーラスです。

ヴォーカルが双子で、名前が「マナ・カナ」というのもおぼえやすいかも。

ベースのユウキさんは、アルバムのアートワークなども担当しているそうです。

 

上記のツイッターの画像(アー写)でも、おわかりのように、女の子のバンドなんですが、決してかわいいとは言い難いところがあると思いますが、彼女達は・・・

女の子なら誰もが抱えるコンプレックスを肯定し、"NEOカワイイ!" "コンプレックスはアートなり!" という新しい価値観を音楽で表現する

http://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1710251002/ より引用)

というコンセプトで活動しています。

 

とにかく楽曲がまたいい!!というか訳がわからない!!

ロックともオルタナティブとも何とも分類が難しい音楽、個人的にはサブカル好きの人がハマりそうな曲かなぁ、と。「ヴィレヴァン」をテーマにした曲も歌ってますし。

いずれにしても、すでに「CHAI」というジャンルを確立している感があります。

 

個人的に最初にハマったのが、「Sound & Stomach」


lute live:CHAI「Sound & Stomach」

 

2016年春以降、突如注目を集め始め、ノンプロモーションにもかかわらず、Spotify UKチャートTOP50に代表曲「ぎゃらんぶー」が突如ランクイン (※最高位36位)。

 

そして、2017年には、SXSW出演と初の全米8都市ツアーも成功させた、とのこと。

 

この規模のバンドでこれだけの実績があれば十分ですが、各方面のミュージシャンからも大絶賛を受けています。

前述のアジカンの後藤さんやヒャダインさんなど、たくさんの支持を受けています。

 

そして、今年2017年の FUJI ROCK FESTIVAL "ROOKIE A GO-GO" では前代未聞の超満員で観られない人がかなり出たらしく、話題となったようです。スゴイ。

 

で、奇抜な感じの曲ばかりだったら、それほどハマらなかったかもしれないんですが、スローテンポな楽曲「sayonara complex」を聴いたらまたいい曲で、完全にやられちゃった感じです。


CHAI「sayonara complex」

 

「sayonara complex」を聴いた時は衝撃を受けた、ということをヒャダインさんが語っていました。

 

 

このアルバム「PINK」がとの程度のセールスをするのかも気になりますが、まだ彼女達のライブを観たことがないので、観てみたいなぁ・・・

 

アルバム発売を記念して、

CHAI 1st Album「PINK」発売記念『やっぱり育ちたいトゥアー』

を11月18日から始めるようです。

SOLD OUTしている会場もあるようですが、詳細は、CHAIのオフィシャルHPで確認してみてください。↓↓

CHAI - Official Website

 

ともあれ、これからどんどん露出すること間違いなしのバンドですね。

今後の活躍が楽しみです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

でんぱ組.incがライブ活動を再開!!

今年2017年1月20日の武道館公演で、しばらくライブの予定がないことを発表し、実質的にグループとしてのライブを休止していたでんぱ組.incが、今年2017年の年末に大阪城ホールでワンマンライブを開催することを発表しました。

 

 

2017年12月30日(土)に大阪城ホールにて、「ねぇもう一回きいて?宇宙を救うのはやっぱり、でんぱ組.inc!」と題したワンマンライブを開催することが発表されています。

 

dempagumi.tokyo


 

大阪城ホール」というと、1万人以上のキャパがあります。(最大16000人収容)

こういった大型のホールやアリーナなどは、1年くらい前に予約するらしいので、1月の武道館公演の頃には、既に大阪城ホールをおさえていた可能性もありますね。

(しかし、紫担当の最上もがさんが脱退することは、予定外だったのでしょうか?)

 

・・・それは、さておき・・・

やっとライブ再開だ!なんて、喜んでますが、現在、でんぱ組.incのメンバーは、アーティストの村上隆さんのイベントでロシアのモスクワにいるらしいんですが、そっちのイベントで既に、5人の新生でんぱ組.incでライブしちゃってるみたいです。

 

インスタグラム上にアップされている、でんぱ組.incのロシアでのライブ動画のリンクを勝手に・・・

 

でんぱれーどJAPAN

https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t50.2886-16/22138262_1471551059600673_8897161556962312192_n.mp4

 

くちづけキボンヌ

https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t50.2886-16/22079798_1956519574588735_8724182157137805312_n.mp4

 

でんでんぱっしょん

https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t50.2886-16/22071843_505084236492454_975054560848510976_n.mp4

 

・・・うーん、日本のヲタはライブ再開を心待ちにしているのに、日本より先に海外で、すんなりライブ見せちゃう感じが、「なんだかなぁ・・・」とも思います。

 

動画を観る限りでは、ライブを休止してまでリノベーションした「変化」はみられないようですが、きっと、年末のワンマンでは、ステージでの「変化」をみせてくれると思います。

 

でも、でんぱ組.incライブアイドルだと思うので、ライブしてる姿は、やっぱりいいですね。

 

個人的には、年末に大阪へ参戦は難しいので、この流れで東京でもライブしてくれればありがたいんですけどねぇ・・・

 

[2017.09.30 追記]

今はどういった立場で活動されている方かわからないんですが、トイズ・ファクトリーで、でんぱ組.incを担当していた水野氏が、次のようなツイートをしています。

 

まずは、ひと安心ですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

最近の「H&M」のCMの曲が気になる・・・


【CM】H&M

ファストファッションの「H&M」の最近のCMを観ていたら、懐かしい曲が使われていていました。

 

イギリスのポップ・ユニット「Wham!ワム!)」の「Wham Rap!(Enjoy What You Do)」という1980年代の曲です。

 

これを聴いていた当時は、「もしかしたら、結構、ダサいラップなのかもしれないな・・・」と思いつつも、楽しんで聴いてましたが、今、聴くと、いろんな「思い出補正」がなされて、「いい曲だなぁ」と、しみじみ聴いてしまいます。

 

Wham!ワム!)は、ジョージ・マイケルアンドリュー・リッジリーからなる、2人組のポップ・ユニットです。

1980年代前半にデビューしています。

 


Wham! - Wham Rap! (Enjoy What You Do?)

 

Wham!は、80年代に人気を博し、ブリティッシュ・ポップを代表するユニットと言えます。

また、ボーカルのジョージ・マイケルは、ソングライティングもする才気あふれたアーティストで、ソロになってからもヒットを飛ばすなど、イギリスを代表するアーティストでしたが、2016年に亡くなっています。

 

Wham!のヒット曲はたくさんありますが、日本で一番有名な曲は、やはり「Last Christmasラスト・クリスマス)」でしょう。


Wham! - Last Christmas

 

クリスマスの時期になると、今でも、1回は耳にしますよね。

 

Wham!には、まだまだいい曲がたくさんありますので、興味が出た方は、YouTubeなどで検索してみてください。

 

ORIGINAL ALBUM CLASSICS
EPIC
売上げランキング: 27611

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

【GLIM SPANKY】3rd アルバム ハイレゾ先行試聴会へ行ってきました。

f:id:napamaru:20170906065727j:plain

 

昨日2017年9月5日、都内で行われた、ロックユニット・GLIM SPANKY(以下、グリム)の3rd Album「BIZARRECARNIVAL」ハイレゾ先行試聴会へ行ってきました。

これは、抽選で参加できるイベントで、こうゆうのあまり当たらない僕が珍しく当選したので、行ってきました。

 

BIZARRE CARNIVAL(初回限定盤)
GLIM SPANKY
ユニバーサル ミュージック
売上げランキング: 68

 

で、このイベントは、グリムの2人と皆さんで、GLIM SPANKYの3rd ALBUM「BIZARRECARNIVAL」を「ハイレゾ」で聴いてみよう、という内容です。

ちょっとしたライブもあるということで、期待して参加しました。

 

f:id:napamaru:20170906065903j:plain

 

おそらく、観客は100人も入れていないかなぁ、というくらいの部屋での鑑賞会だったので、とにかくステージが近い!!それだけで興奮!

しかし、あらためて観客を見渡すと、僕も含めてですが、おっさんとおばさんが多い。

もちろん、若い方もいるんですが、もっと若いファンの割合を増やすことが今後のグリムの課題かしら・・・

 

ともあれ、イベント開始。グリムの2人も登場。

MCは、音楽コンシェルジュのふくりゅうさん。

 

まずは、グリムの2人へ、3rdアルバムなどについて質問など。

いつもながらのことですが、ヴォーカルの松尾レミさんは、今回のアルバムについても、自信満々です。これは期待。

 

次に、メインイベントの3rd Album「BIZARRECARNIVAL」をハイレゾで聴く、というコーナーへ。

全曲を1コーラスずつ、ハイレゾで聴かせてもらいました。

まぁ、僕は治療がいらない程度ですが耳があまりよくない、というかバカ耳なので、ハイレゾの「音」については、「なんとなくいい音だなぁ」くらいの感想ですが、3rdアルバムは、やはりかっこいいですね。


GLIM SPANKY – 3rd Album『BIZARRE CARNIVAL』全曲試聴映像

 

今までのグリムにない感じの曲が多めな印象です。

でも、レミさんが歌って、ギターの亀本氏がリフを弾くと、グリムのサウンドになるから、すっと入ってきます。かっこいい。

来週9月13日のアルバムの発売に期待が高まります。

 

で、最後にライブです。

2人編成のアコースティックスタイルのライブです。

レミさんは、このスタイルを「アコースティック」と呼んでいますが、亀本氏はエレキギターでメロディやリフを弾いて、レミさんがアコースティックギターでリズムを弾くというスタイルです。

映像でアコースティックのスタイルのライブは何回も観てますが、生で観るのは個人的には初めて。嬉しい。

セットリスト

 

01.アイスタンドアローン

02.褒めろよ

03.白昼夢(新曲・初披露)

04.美しい棘 

 

 曲数こそ少ないですが、充実のライブでした。ステージとの距離が近い!

2人編成でも、生で聴くと、ホント迫力があって、満足感があります。

3rdアルバムの中から、「白昼夢」を初披露してくれたのも良かった。

 

このハイレゾ先行視聴会は、ニコ生で生中継していたので、プレミアムに入られている方は、今からでもタイムシフト視聴できるんではないかと思います(ちょっと、ホントに観れるか、詳細は自信ないですが・・・)

live.nicovideo.jp

 

いずれにしても、充実のイベントでした。

アルバムの発売が楽しみです。

 

スポンサーリンク