日常エウレカ、ヘウレーカ

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

【活動休止も解散もしません】でんぱ組.inc 武道館ライブ@2017.01.20に行ってきました。

f:id:napamaru:20170121084807j:plain


行ってきました、昨日2017年1月20日、でんぱ組.incの武道館ライブへ。

今回のライブは、幕張と神戸で1月6日から行われた「でんぱ組.inc 幕神アリーナツアー 2017 電波良好Wi-Fi完備!」の追加公演として行われるもので、

「幕神アリーナツアー2017 in 日本武道館 ~ またまたここから夢がはじまるよっ!~」

と題した公演で、ツアーファイナルとなります。

 

f:id:napamaru:20170121084830j:plain

f:id:napamaru:20170121084848j:plain

チケット完売の公演だけあって、満員でした。

(開演前の写真だから、満員の感じが伝わりづらいですけど)

ステージの組み方からして、8000〜9000人くらい収容のステージ形態でしょうか?

もうちょっと少ないかしら?

 

開演前のBGMは、秋葉原MOGRAの店長・D-YAMAさんのDJでした。

いい曲が選ばれていて、一部で曲に合わせてコールが起こったりして、開演前から盛り上がってました。

※DJで使われた曲は↓↓以下のD-YAMAさんのツイートで公開されています

https://twitter.com/choroyama/status/822478097953886210

 

入口で配られていたフライヤーの中に、ファンの有志が作ったと思われる「でんぱコールぼん」が入ってました。

f:id:napamaru:20170121085250j:plain

f:id:napamaru:20170121085313j:plain

こうゆうのが、でんぱヲタっていいな、と改めて思います。

 

で、開演です。

【セトリ】

(※でんでんビッグバンドの編成)

01.W.W.D

・MC(メンバーの自己紹介)

02.ちゅるりちゅるりら

03.君も絶対に降参しないで進まなくちゃ!

04.最Ψ最好調!

05.サクラあっぱれーしょん

06.くちづけキボンヌ

07.キラキラチューン

・映像(映像の一部でファンから募集した写真を使用)

08.Dear☆Stageへようこそ♡

09.でんでんぱっしょん

10.でんぱれーどJAPAN

11.W.W.DⅡ

・MC

(メンバーからファンへ向けて、一人ずつメッセージ)

12.WWDBEST

【アンコール】

13.オレンジリウム

・バンドメンバー紹介

14.破!to the Future

15.Future Diver

・エンドロール(曲:W.W.Dのアレンジ。映像の一部でファンから募集した写真を使用)

※「もふくちゃん」は、エンドロールの中の「スペシャルサンクス」の大勢の中の1人としてクレジットされていました。

 

スポンサーリンク

 

 


アンコール含めて15曲はちょっと少ないかな?という気がしましたが、いずれにしても、2時間ほどの公演が、体感でアッと言う間でした。

楽しかった~。

 

ツアー参戦するのが、久々だったので、メンバーのちゃんとした自己紹介や、最後のマイクを通さず生声のお礼なども、久々にみれました。

 

やはり、演出の目玉としては、メンバー1人ずつファンに向けてメッセージを言うところだと思いますが、夢眠ねむさんのブログから引用させていただくと、

ピンキーも強い女になるらしいし
最上も続けるって言ってくれたし
えいたそは本音を教えてくれたし
りさちゃんは愛を噛み締めてたし
みりんちゃんは諦めないらしいし

 

二度目の武道館、ツアーファイナル。|でんぱ組.inc 夢眠ねむオフィシャルブログ「夢眠ねむのユメミる世界日記」Powered by Ameba より一部引用)

ということでした。 

 

やはり、気になったのは、古川未鈴さんからのメッセージ。

「私は、でんぱ組.incを諦めません!これからもよろしくお願いします!」と、これからもでんぱ組.incが続くことを宣言しました。

「まだまだやりたいことがあります。もっと大きなところでライブもしたいし、いろんなところに行ってみたいし、もっとテレビとか出て有名になりたいし・・・」

「テレビとか出て・・・」のあたりで笑いが起こってました。

 

で、最後、締めの言葉を未鈴さんが言ったのですが、

「これから、しばらく・・・」

で、ちょっと言葉が途切れて、「えっ?しばらく?何??」と思って、次に何を言うのかドキドキしましたが、古川さんが続けて、

「ライブの予定がないんですけど、また6人でステージに戻ってこれるように頑張りますので、よろしくお願いします!」

みたいなことを言って締めました。

 

おそらく、それぞれのメンバーがメッセージを言う時に涙ぐんでいたあたりと、このあたりの未鈴さんの発言によって、ネット上で「でんぱ組.inc 活動休止?」みたな噂が一気に飛びかったようです。

 

確かに、ツアーファイナルと言えば、何か重要な発表があるのが常なので、わざわざ、「しばらくライブがありません」ということを発表されると、いろんな憶測をしてしまいます。

 

しかし、古川未鈴さんも以下のように、解散や活動休止を否定しています。

また、夢眠ねむさんも、たぬきゅんのインスタグラムの動画で噂を否定しています。


tanuqn_qnねえ!ねえ!( (Ꙭ) ) - インスタグラム 動画

www.instagram.com

 

解散も活動休止もないようです。

 

まー、冷静に考えてみれば、改まって発表する目玉のイベントがなかっただけで、ツアーの後にしばらくツアーがないのは普通ですし、それでも、でんぱ組.incは続けますよ、という普通の意思表示だっただけかもですね。

そう信じたいです。

 

ただ、先ほどの夢眠ねむさんのブログから引用すると、

”アルティメット”
最終形態のセーラーを着てしまった以上、
それより進化するにはもう少し時間がかかるようですが…

・・・時間はかかるようです。

 

最後の曲「Future Diver」の前に、このライブを総括するような決め台詞を古川未鈴さんが「噛む」という、未鈴さんらしいハプニングも起きて、決め台詞を言い直してから「Future Diver」を歌ってライブは終了。

 

ともあれ、しばらくワンマンライブは無さそうですけど、遅くとも夏頃になれば、フェスなどに出演もするでしょうし、その他の「でんぱの神神」やメンバー個人の活動などもありますし、次の大本営発表待ちですね。

ともあれ、楽しいライブでした。これからのでんぱ組.incにさらに期待!!

 

[2017.01.22 追記]

音楽ナタリーの完璧すぎるライブレポがアップされました。↓↓

「でんぱ組.incを諦めません」でんぱ2度目の武道館で未来への決意 - 音楽ナタリー

 

古川未鈴さんのブログもアップされました。

幕神アリーナツアーを終えて|でんぱ組.inc 古川未鈴オフィシャルブログ「みりんのメモ帳.txt」Powered by Ameba

 

・・・ライブの無い期間を「充電」と表現してますね

 
スポンサーリンク

 

【ランクアップ?!】関ジャム完全燃SHOW 音楽プロデューサーが選ぶ名曲ベスト3発表

先週、関ジャム完全燃SHOWの放送にて、「売れっ子音楽プロデューサーが選ぶ2016年の名曲ベスト10」のうち、ベスト4までを放送していましたが、昨日2017年1月15日、先週の続きで、ベスト3の内容が放送されました。

 

ベスト3は以下の通り↓↓

tofubeats

1  PPAP/ピコ太郎
2  24K Magic/Bruno Mars
3  道/宇多田ヒカル

 

いしわたり淳治

1  Have a nice day/西野カナ
2  みんながみんな英雄/AI
3  前前前世RADWIMPS

 

【蔦屋好位置】

1  なんでもないや/RADWIMPS
2  Die Young/ KOHH
3  鯨の唄/Mrs.GREEN APPLE

関ジャム完全燃SHOW(2017年1月15日放送分より引用)

 

※10位から4位までは、こちらの記事で↓↓

関ジャム完全燃SHOWで、蔦谷好位置ら音楽プロデューサーが紹介した曲が、またまたランクアップ!! - 日常エウレカ、ヘウレーカ

 

さすがにベスト3となると、有名な曲ばかりになってます。

前回の記事で、紹介された曲のiTunesのランキングがアップしてる?!ということを書きました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

本日2017年1月16日午前のiTunesのランキングをみてみると、やはり該当の曲が若干ですが、ランクを上げているのがわかります。

 

 

f:id:napamaru:20170116082923p:plain

f:id:napamaru:20170116082948p:plain

f:id:napamaru:20170116083016p:plain

 iTunes 2017年1月16日 ソング・ランキングのスクリーンショット

 

前日・夜のiTunesランキングとの比較してみると・・・

RADWIMPSの「なんでもないや」が8位→2位、

Bruno Marsの「24K Magic」が54位→21位、

宇多田ヒカルの「道」が17位→8位、

Mrs.GREEN APPLEの「鯨の唄」はランク外→10位などなど。

 

Mrs.GREEN APPLEは、曲単体こそランク外からのランクアップでしたが、該当の曲を含んだアルバムが、元々、アルバムランキングのベスト10に入っていました。

 

その他の曲も、該当の曲を含んだアルバムはほとんどがアルバムランキングのベスト10に入っています。

 

iTunesの上位に入るのには、どれくらいダウンロードされなきゃならんのかわかりませんけど、この辺りの上位のランクを、このタイミングで更にアップさせる、というのも、やはり番組の影響があったんだと思います。(別の要因で、ランクが上がっている可能性も十分にありますけど)

 

また番組で、蔦谷さんあたりに、以前紹介した清竜人や日食なつこのような、「実は有名だけど、知る人ぞ知る」みたいな人の曲を今後紹介してくれると、驚きのランク変動がありそうですね。

 

スポンサーリンク

 

生ハムと焼うどんが「断食」宣言!!活動休止か?!

先日、いきのももがかりが「放牧」宣言をして活動休止することを発表して話題となりました。

 

それとは全く関係ありませんが、昨日2017年1月14日の清竜人主催のアイドルフェス「清竜人ハーレム ♡フェスタ♡SPECIAL」で、生ハムと焼うどん(以下、生うどん)が「断食」宣言したようです。

生ハムと焼うどんは3つあるステージのうち、いちばん大きいセンターステージに18:35分から出演。トリを飾る清 竜人25の前で、大勢の食いしん坊(ブログ管理者注:生うどんのファンの総称)ならびに清家(清竜人25のファンの総称)をはじめ他アイドルのファンたちに見守られる中、清 竜人25を題材にした寸劇と「ツイテール」「ナルシスト症候群」「脱法ドラッグはやっていません」を披露。

そして、「2017年、断食しない?」「わたしたち、老廃物が溜まりすぎちゃったのかも」と、「断食」を宣言。清 竜人25の解散発表曲の一部をアカペラで披露後、彼女たちの代表曲「たまごかけごはん」を最後に披露し、ステージを終了した。

生ハムと焼うどんが断食を宣言 - ニュース - OTOTOY より一部引用)

 

いずれにしても、今後、活動休止するのか解散するのか、または、いつもの寸劇の単なるセリフだっただけなのかは、今後の生うどんサイドの発表を待つ形になります。

 

ネットをみた感じでは、現場では「活動休止宣言」ととらえられている様子です。

 

生うどんの東さんは、清竜人25のファンであることを公言していますが、清竜人25の解散についても、いろいろ語っていたようですし、自身の活動をかえりみたりしているんでしょうか?

しかし、できれば、重大な発表は、自身のユニットのワンマンライブでやってくれたら、と思いますが・・・

 

まぁ、トリの清竜人25のライブの方は盛り上がったようで、またグランドフィナーレで、出演アイドル総出で、清竜人25の「Mr. PLAY BOY...♡」を歌って、大盛り上がりの中でイベントは終了したようです。

 

生うどんの今後の活動の詳細はまだわかりませんが、清竜人25も今年2017年6月で解散しますし、アイドルってものは、「永遠」ではないんでしょうね・・・

 

※東さん・西井さんのそれっぽいツイートを引用します

 

[2017.01.16追記]

東さんがブログを更新しました。

「東さん側から見た」今回の顚末がくわしく記されています。

ameblo.jp

 

スポンサーリンク

 

関ジャム完全燃SHOWで、蔦谷好位置ら音楽プロデューサーが紹介した曲が、またまたランクアップ!!

昨日2017年1月8日に放送された「関ジャム完全燃SHOW」は、蔦谷好位置さんをはじめとする音楽プロデューサーが、気になる曲などを語る、いわゆる「音楽プロデューサーの回」でした。

 

前回・前々回は、蔦谷好位置さんとヒャダインさんが登場し、気になる曲を紹介・解説してましたが、その時に蔦谷好位置さんが、清竜人の「All My Life」や日食なつこの「水流のロック」を紹介したところ、その後、iTunesのランキングが急上昇した、ということがありました。

 

前回の「関ジャム完全燃SHOW」音楽プロデューサー回についての記事は↓↓

「関ジャム完全燃SHOW」 蔦谷好位置がすすめる 日食なつこ・清竜人のiTunesランキングがアップ!! - 日常エウレカ、ヘウレーカ

 

で、今回は、蔦谷好位置いしわたり淳治tofubeatsの3人の音楽プロデューサーが出演し、それぞれが選ぶ、去年2016年の名曲ベスト10を紹介する内容でした。

(実際には、10位から4位までを紹介。3位以上の紹介は次週に持ち越し)

 

スポンサーリンク

 

 

 

そしてまた、3人が紹介した曲の何曲かが、iTunesのランキングでランクアップしたようです。

※3人の選んだベスト4までの曲はこちら↓↓

tofubeats

4 真夏の通り雨宇多田ヒカル
5 Shut Up & Groove(feat.DEAN)/HEIZE
6 Cry & Fight/三浦大知
7 Don't Touch My Hair Feat.Smpha/ソランジュ
8 恋/星野源
9 Luv U Tokio/METAFIVE
10 サイレントマジョリティー/欅坂46

 

いしわたり淳治

4 STAY TUNE/Suchmos
5 蝶々結び/Aimer
6 ラブ・イズ・オーヴァー/JUJU
7 PERFECT HUMAN /RADIO FISH
8 金の愛、銀の愛 /SKE48
9 魔法って言っていいかな?/平井堅
10 My Boo/清水翔太

 

【蔦屋好位置】

4 リッケンバッカー/リーガルリリ
5 majority blues/チャットモンチー
6 No Ploblem/Chance the Rapper
7 In My Face/SALU
8 C'est la vie feat.七尾旅人/Kan Sano
9 LOSER 米津玄師
10 はきだめの愛/T字路s

  関ジャム完全燃 SHOW(2017年1月8日放送)より引用

 

 

f:id:napamaru:20170109132552j:plain

f:id:napamaru:20170109132613j:plain

(2017年1月9日 iTunes ソング・ランキングのスクリーンショット

 

2017年1月9日のお昼頃のiTunesのシングル・ランキングの1位から15位が、上記の写真の通りです。

 

前日の、というか直前のランキングを確認していないので、「急上昇」や、どのくらい「ランクアップ」したか正確にはわからないんですが(そもそも、ほとんどが上位にいた可能性もありですが)、3人が名前が上げたアーティストが上位に位置しています。

 

蔦谷好位置さんは、米津玄師さんの「LOSER」、チャットモンチーの「majyrity blues」をあげていました。

やはり上位にいます。

 

いしわたり淳治さんは、Suchmosの「STAY TUNE」、aimer(エメ)の「蝶々結び」、清水将太さんの「My Boo」を紹介していました。

発売時期から考えても、番組の影響でランクアップしたのではないでしょうか。

(「STAY TUNE」は、車のCMの曲にもなっているので、元々、かなりの上位だったかもです)

その他、平井堅さんの「魔法って言っていいかな?」も紹介されて、上位にきていました。

 

tofubeatsさんが、星野源さんの「恋」をあげてましたが、これは元々1位だったんじゃないかと予想されます。

 

まぁ、先ほども書いた通り、前日の、というか直前のランキングを確認していないので、「急上昇」や、どのくらい「ランクアップ」したか正確にはわからないですけど。

また、そもそも、今回の放送であげられたアーティストのほとんどがすでに「売れている」方々が多いので、もともと、かなり上位にいた可能性もありが大きいです。

 

しかし、発売からかなりの時間が経っている楽曲もあるのに上位にきていることから、番組の影響でランクアップしたことが、十分に考えられます。

 

こうなってくると、「関ジャム完全燃SHOW」の音楽プロデューサーの回で取り上げられることで、チャートがランクアップする、という一種の「経済効果」(?)みたいなことになってくるかもしれません。

 

来週の「関ジャム完全燃SHOW」で、3人のプロデューサーの1位から3位が発表されるので、これも見逃せないですね。

 

1位~3位までのランキングは、こちらの記事で↓↓

【ランクアップ?!】関ジャム完全燃SHOW 音楽プロデューサーが選ぶ名曲ベスト3発表 - 日常エウレカ、ヘウレーカ

 

それぞれのプロデューサーの方々は、自身がプロデュースしたり、関わった楽曲はあまり入れていないようですが、蔦谷さんは、「でんぱ組.inc」の名「VANDALISM」の作詞・作曲・編曲をしてますし、いしわたりさんは、「GLIM SPANKY」の一部の楽曲を作詞からプロデュースしてるので、そこらへんも紹介してくれないかなぁ、というでんぱ組.incやGLIM SPANKYの一ファンである僕の密かな希望があります・・・

 

[2017年1月16日 追記]

名曲ベスト10の10位から4位までのランキングを表記しました。

 

スポンサーリンク

 

14年ぶりのテレビ出演!!「DOZANN11」こと「三木道三」

2001年に、あの「一生一緒にいてくれや~♪」のフレーズでおなじみの「Lifetime Respect」を大ヒットさせた「三木道三」(現在は、「DOZAN11」として活動中)が、2017年1月8日放送の大阪・カンテレ「マルコポロリSP」(関西ローカル)に出演したとのことです。

テレビ出演としては、14年ぶりとのこと。

関東住みの僕としては、番組自体を見れてないんですが、三木さんがテレビに出るのは珍しいですね。

 

当時、よく三木道三さんの音楽を聴いていて、その後の消息?も気にしていたんですが、2008年のINFINITY16とのコラボ曲「侍ノ詩」以降、活動してないんじゃないか?と勝手に思っていました。

しかし、2014年から、「DOZANN11」と名前を新たにして、ちゃんと活動されてたんですね。

すいません、熱心なファンだったのに、1年以上知りませんでした・・・。

「侍ノ詩」の時は、CD屋まで買いに行ってたのに・・・

 

ビジュアルも、サングラス、スーツ、ハットと「三木道三」時代とは変えてきてます。

02年の全国ツアー後に活動を休止したDOZAN11。デビュー前に米国で遭った交通事故の影響もあって、「移動で(けがした右ひざが)固まるし、動かなくなるし」と明かした。さらには、「レゲエ10年やったし。若い時に若い気分でやってたのが、大人になって『ちょっと違うな』と」説明した。

活動休止後は、02年に横浜で行われたサッカーW杯決勝、ブラジル・ドイツ戦に感動してブラジルへ。サンバの魅力を感じ、「Lifetime―」を担当したプロデューサーに「サンバで勝負したい」と相談したが、「正解がわからないからムリ」と言われた話も披露した。

 

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170108-OHT1T50091.html?from=rss より一部引用)

サンバ調の三木さんの曲も聴いてみたかった気がしますが、現在もレゲエのジャンルで活躍中。

オリコン史上、レゲエ楽曲で初めてのオリコン1位が、「Lifetime Respect」だったと、この記事で初めて知りました。

やっぱスゴイな。

 

遅ればせながら(ホント、すごく遅れてますが)、2014年11月発売のアルバム「Japan be Irie!!」を早速聴いてみました。


INFINITY16 Welcomez Dozan11 / 大仕事

いやぁ~、やっぱいい声ですね、相変わらず。でも、歌詞が丸くなったというか、大人な感じになったよな気がします。

「♪細川ふみえが乳で靴みがく」とか、もう言ってないですよ、さすがに。

もっと下ネタ系の曲とか、ダジャレ系の曲とかも聴きたいです。

 

現在、卍LINE窪塚洋介)さんとのコラボで「ワレワレワ」という曲のMVを撮影しているのが確認できるんですが、ちょっと詳細がわかりませんでした。

 

DOZAN11、今後もいい曲を提供してくれると思います。

 

[2017.2.14追記]

2017.2.12から、「卍LINE & DOZAN11」名義で、楽曲「ワレワレワ」をiTunesその他サイトで配信開始しています。

 

 

スポンサーリンク