読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常エウレカ、ヘウレーカ

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

ライブを休止しているでんぱ組.incの今後について、ディアステージ社長が語った!

でんぱ組.inc アイドル 音楽

先日2017年1月20日の武道館公演で「しばらくライブの予定がない」ことを告白(?)したでんぱ組.inc

しばらくは、「解散」するんじゃないか、とか「活動休止」だとかネットで騒がれていましたが、今日現在で見る限り、メンバー個人の活動や、冠番組「でんぱの神神」などは普通に継続されていて、ホントに「でんぱ組.incとしてのライブの予定がない」だけなんだなぁ、と思われます。

 

そん中、でんぱ組.incのマネジメントやプロデュースを手がける株式会社ディアステージの代表取締役・高瀬裕章さんが、「アイドルLOUNGE オフイベントVol.3」ででんぱ組.incなどについて語った興味深い内容のレポートがアップされました。

 

(以下、引用部分は

高瀬裕章(ディアステージ代表取締役)、「アイドルマネジメントの魅力」と「でんぱ組.incとディアステージのこれから」を語る。アイドルLOUNGE オフイベントVol.3レポート | mixiニュース 

から引用しています。)

 

高瀬:でんぱ組.incは、一度、ライブなどに関して構築しなおそうと思っています。アイドルグループに限らずですが、10年・20年続くアーティストさんは、同じことをやるのではなく、ある程度の周期でそれぞれのグループなりの変革をし、継続していくんです。でんぱ組.incもちょうど5年が経ちまして、これまでアリーナツアーやアルバムの発売もして、このまま続けていくことを良いという方もいますが、今まで以上にファンを獲得してファンに楽しんでもらうためには、新しいものを生み出さないと飽きてきてしまうかなという危機感もあって。とはいえ基本的なコンセプトは変わりませんが、メンバーも含めて試行錯誤しながら考えている状態です。

これを見る限り、運営側として意識的にライブを休止して、何か「テコ入れ」のようなものを行おうとしているのがうかがえます。

どこかのスポーツ新聞に載っていた「リノベーション期間」ということでしょう。

「とはいえ基本的なコンセプトは変わりませんが・・・」とありますが、わざわざ休止してまで再構築するというのは、ライブ再開後にかなりの変化を覚悟しとく必要があるかもです。

ただ、運営側として10年・20年先を展望しているようなので、このリノベーションがうまくいって、サザンオールスターズとかドリカムみたいに息の長いグループになってくれるとファンとしてはありがたいです。

 

高瀬:でんぱ組.incに限らずですが、私がアイドルマネジメントで重視しているのはストーリー性です。「どうしてその人たちがそれを始めたのか」「どういう目的をもってそのプロジェクト進めているのか」などといったことです。でんぱ組.incを担当したときに、はじめに1年、3年、そして5年計画を全部紙に出して、メンバーとスタッフで共有して、描いているビジョンや計画を、その都度、軌道修正しながらですがブレずに進めていきました。

 ディアステージの他のグループでもそれぞれ、大体、5年計画まではいつも立てているんです。けれど5年後になると、正直その先のビジョンがまだ描けていないなっていう場合もあります。でんぱ組.incはメンバーも成長していますし、関わる周辺の環境も変わってきましたし、ここから少しいろんなことを織り込みながら新しいビジョンを描こうとしているところです。

 でんぱ組.incも6人体制になって、5年たったところで、一旦、ストーリーが完結してしまった感じなんでしょうか?

狭義のストーリー性である「W.W.D」の歌詞の「マイナスからのスタート」的なストーリーは、2015年の代々木公演のあたりで払拭したものと思いますが、高瀬さんの言っている「ストーリー性」や「目的」は、もっと広義なものなのでしょう。

 

いずれにせよ、アリーナツアーなどを成功させたことで、逆に「手詰まり感」のようなものが運営側にあったのでしょうか?

 

ただ、運営側はでんぱ組.incを長いスパンで活かすコンテンツと考えているようなので、でんぱ組.incが全く別物にならない限りは、いずれまた、新しい楽曲の発表やライブが再開された際には、充分楽しませてくれると思いたいです。

 

スポンサーリンク

 

今さらですが「水曜日のカンパネラ」の中毒性がヤバい!!

音楽

きびだーん きびきびだーん 
おにたーいじ おにおにたーいじ

   「桃太郎」(アルバム「私を鬼ヶ島に連れてって」収録の歌詞より引用

 

ということで、大変遅ればせながら「水曜日のカンパネラ」ハマりました。

とにかく中毒性がヤバいですね、このユニットの曲は。

 

今さらですが、「水曜日のカンパネラ」とは、ざっくり言うと・・・

 ・コムアイ :主演・歌唱。メディア出演は、ほとんどコムアイさんが担当。

 ・ケンモチヒデフミ:サウンドクリエイター。ほとんどの曲の作曲・編曲を手がける。(作詞もほとんど曲をケンモチさんが手がける)

 ・Dir.F(ディレクター・エフ):その他、もろもろのこと全部担当。

 という3人からなる音楽ユニットです。

 

今までその存在はもちろん知ってましたが、その曲の「面白さ」を理解できないままでいました。

しかし、今回2017年2月8日に発売したメジャーレーベル移籍後の初フルアルバム「SUPERMAN」は、こんなおっさんの僕にも曲の面白さを理解させてくれるものでした。

その中でも、最もポップであろうと思われる曲「一休さん」を聴いたのが、僕の運のつき


水曜日のカンパネラ『一休さん』

 

・・・これまで、「水曜日のカンパネラ」の楽曲をどのように楽しんでいいか(?)わからなかったんですが、単純に笑えたのがこの1曲でした。それから何回もヘビロテ。

 

1曲好きになると、他の曲も気になってきます。

・・・「アラジン」でMステ出てたな、「チャップリン」は、かなり攻めた曲だな、等々と。

で、他のアルバムの曲も気になってきます。

小野妹子」(アルバム「ジパング」収録)はMVで山田孝之さん出てるな、「二階堂マリ」(アルバム「シネマジャック」収録)は『キン肉マン』のマリさんか、「ディアブロ」(EP「トライアスロン」収録)のボキャブラリーのチョイスが何か昭和っぽいな、「桃太郎」(アルバム「私を鬼ヶ島に連れてって」収録)ヤバいな「きびだーん」、「シャクシャイン」(アルバム「ジパング」収録)は北海道か、等々、気になってきりがない無限ループ状態に入りました。

 

そもそも、ラップとか、僕個人があまり聴かない種類の楽曲をやるユニットなのかと思ってましたが、楽曲を作ってるケンモチさんも、そこそこのおっさんなこともあり、(狙ってやってるとは思いますが)ボキャブラリーのチョイスに、たまに「昭和」感が出ていたり、オヤジギャグ満載だったりで、ちょっと懐かしい時すらあります。

コムアイさん自身も、「桃太郎」の歌詞で「PCエンジン」とかの言葉がわからないから、(理解するのを)あきらめてます、みたいなことを言ってました。

実は、おっさんの方が親和性のある音楽だったりして・・・初期のファンにはおっさんが多かったという話も聞くし・・・

 

歌詞は、一応ストーリーがあるようですが、おそらく「語感」とか「語呂」とか「リズム」のいい言葉を選んで、言葉の響き自体が音楽になるような作りの楽曲だと思われるので、内容は気にしないで聴いてます。歌詞をリズムとして楽しむような。

 

・・・ということを書いておいて、矛盾しますが、現在ヘビロテしていて、歌詞が気になる曲は「ミツコ」(アルバム「シネマジャック」収録)です。

 

「ミツコ」は、東京・渋谷のラブホテル街・円山町を舞台にした曲で、映画『恋の罪』(監督・脚本:園子温)をテーマにしたものです。

この『恋の罪』という映画は、あの「東電OL殺人事件」をモチーフにした映画で、3人の女性が性の世界に溺れる(?)みたいな感じの内容です。

奈落の底までGo
一緒に落ちてもE
コスモを感じてQ
最後の決め手はI

 

お前はきちっと落ちて来い
私のとこまで落ちて来い
お前はきちっと落ちて来い
お城の周りをぐるぐる回ってこーい

渋谷
ぐるぐる回ってこーい

ハイ魔女っこクラブです
こちらは魔女っこクラブです
ハイ魔女っこクラブです
学生割引3000ポッキリでーす

VIP
3千ポッキリでーす

  「ミツコ」(アルバム「シネマジャック」収録)の歌詞より引用

映画『恋の罪』の登場人物の1人が働くことになったデリ◯ル店が「魔女っこクラブ」です。

「お前はきちっと落ちて来い 私のとこまで落ちて来い」「奈落の底までGo」などの歌詞と相まって、漂う「暗さ」とアングラ感が出ていて、いい世界観です。


水曜日のカンパネラ『ミツコ』

 

今年2017年3月8日(水曜日)には、「水曜日のカンパネラ」は武道館公演をやるとか。

観に行きたい思いもありますが、先日、でんぱ組.incの武道館公演で初めて武道館でライブを観ましたが、2階席だったこともあり、ステージ観やすいけど、やっぱステージ遠いなぁー、と思うところもあり、迷い中です。

まぁ、アーティストは、とにかく観れるうちに観といた方がいいんでしょうね・・・

今後、このレベルのキャパばかりでライブやるのなら、以前小さめの箱のライブでやっていた「鹿の解体」とかも絶対見れないでしょうしね・・・

 

また、コムアイさんも、Instagramで、今年はアルバムは「SUPERMAN」しか出さない、と言ってますし(EPとかは出すかもですが・・・)、武道館公演を終えたら、「水曜日のカンパネラ」の活動自体も何か変化があるのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

【清竜人25】驚きの新アー写を公開! & ニューアルバム発売を発表!!

清 竜人25 清竜人25 アイドル 音楽

清竜人25が、2017年4月12日(水)にニューアルバム「WIFE」をリリースすることを発表しました。

と、同時に、新しいアー写(アーティスト写真)を公開しました。

 

・・・一夫多妻制のコンセプトどこいった?

・・・漂う「ONE PIECE」感・・・メンバーによっては漂う「ジョジョ」感・・・

さすが、常に斜め上をいく竜人くん、誰も予想しなかったビジュアルイメージです。

これ、密かに「ONE PIECE」とのタイアップとか決まってるとかだと嬉しいんですけど・・・尾田先生も清竜人25のファンのようですし・・・無いか・・・

ともあれ、今年6月の解散まで、このアー写でいく、とのことです。清竜人25の最終進化系です。ライブの衣装とか気になりますね。

 

で、アルバム「WIFE」ですが、

■Webオーダー限定 受注生産商品 プレミアムBOX盤
(CD2枚+Blu-rayスペシャル6面BOX仕様+60Pフォトブック+清家エプロン+ランダムチェキ封入)  ¥11,220(配送料・税込)

 

■初回限定盤 [CD+DVD]   ¥4,500(+tax)
封入特典:ランダム封入ブロマイド(全6種)

 

■通常盤 [CD]  ¥2,800(+tax)

 

【CD収録内容】
「LOVE&WIFE&PEACE♡」「アバンチュールしようよ♡」「My Girls♡」「ねぇねぇ…」
「Sundayはわたしのモノ♡」「Coupling…♡」「Christmas♡ Symphony」「25♡」他
全11曲収録予定(※ブログ管理者注:「全12曲」になっているサイトもあり)

 清 竜人25 | News から一部引用(一部略。ブログ管理者が、文の順序を入替えています。)

付属のDVD(プレミアムBOXにはブルーレイが付属)には、MV(DVDには最新の4曲・ブルーレイには全MV)と、先日のZepp Tpkyoで行われたライブ「清 竜人25 ライブツアー 2016 秋」(2016.11.20)を収録している、とのことです。

解散発表の時に歌われた曲は「25♡」というタイトルになっているようです。

全11曲収録だとすると、新曲3曲という感じでしょうか。

 

これ、どれを買うか迷いどころですねー。

今回、プレミアムBOXには、初めて「ブルーレイ」でライブやMVが収録されています。

今までの付属のDVDの画質があまり良くなかったので、これは欲しいところですね。不フォトブックとかも付いてますし。

 

ただ、4月から始まる「メーク♡ラブ♡ツアー」では、竜人くんを含めたメンバー全員で「チェキ会」を行うと言っていますので、おそらく、アルバム購入がチェキ会の申込みになると予想されます。「買い時」も考えなくちゃならんですね。(プレミアムBOXは、Web受付限定)

まぁ、強いヲタの方々は、何枚でも買うんでしょうけど・・・

 

思えば、人生で1回だけアイドルとチェキ撮ったのが、清竜人25の夫人の囲みチェキ・・・

その時のことは下記の記事に書いてあります↓↓

清竜人25リリイベ(チェキあり) → でんぱ組.inc横浜開港祭フリーライブ@2015.05.31 - 日常エウレカ、ヘウレーカ

 

なんにしても、まだまだ6月まで楽しませてくれそうです。

スポンサーリンク

 

GLIM SPANKYがミニアルバム「I STAND ALONE」発売予定やワンマンライブを発表!!

GLIM SPANKY グリムスパンキー 音楽

GLIM SPANKYが新しいミニアルバムを発売することを発表しました。

ライブはちょいちょいやってますが、前作のフルアルバム「Next One」が昨年2016年10月発売、直近のワンマンツアーのファイナルの新木場も2016年10月だったので、久々の大きなニュースです。

 

ミニアルバム「I STAND ALONE」(2017年4月12日発売)

収録曲は未発表

初回限定盤には、「Next One TOUR 2016」ツアーファイナル (2016.10.30新木場STUDIO COAST)のライブ映像が約60分収録されるそうです。

 

収録曲は、まだ発表されていませんが、UNIVERSAL MUSIC JAPANのHPによると

 

GLIM SPANKY - I STAND ALONE - UNIVERSAL MUSIC JAPAN から一部引用

リード曲は、GLIM SPANKYの真骨頂とも言える、青年期ならではの心情的で等身大の姿を聴く者に訴えかけてくる歌詞が響く、ミディアムテンポの楽曲。
ロックファンや同世代だけでなく、全ての世代に届くであろう楽曲に仕上がっています。
もちろんGLIMが得意とする疾走感ある、ギターを掻き鳴らすロックナンバーも多数収録予定!!

・・・というような曲らしいので、楽しみです。

 

初回限定盤の特典映像が、昨年2016年の新木場STUDIO COASTのライブというのが、ちょっと惜しい感じがします。

新木場STUDIO COASTのライブはもちろん観にいきましたが、ニコ生でも中継していたので、タイムシフトでも観れたりもしたので、どちらかといえば、昨年2016年の7月にキネマ倶楽部でやった「Velvet Theater 2016」のライブの映像を観たかったです。

「Velvet Theater 2016」もabemaTVで生中継してましたが、タイムシフトで観れなかったので、オフィシャルの映像を観たいところです(違法な動画はいくつかアップされてますが・・・)

 

で、同時に発表されたのが、2017年6月4日の日比谷野外音楽堂と、6月17日の大阪城音楽堂のワンマンライブです。

そーいえば、僕個人はワンマンライブしか行ってなくて、フェスとかには参戦していないので、「野外」でGLIM SPANKYを観るのは初めてかもしれないです。

早速、チケットを申込みしようとしたところ、更なる発表が・・・

 

公式モバイルサイト「FREAK ON THE HILL」

 モバイル端末から→ http://sp.glimspanky.com/

が開始されまして、チケット先行抽選は月額会員にならんといかん・・・

・・・まあ、とりあえず、会員になって日比谷のチケットの抽選は申込みましたけど、なんか、こーゆーのは、ロックじゃなくてアイドル商法のような気が・・・(まぁ、アイドルヲタでもあるから、いいんですけど)

まぁ、これで少しでもGLIM SPANKYが長く活動してくれればありがたいです。

最近、追っかけてるアイドルが解散を発表したり、ライブ活動休止を発表したりで景気が悪かったですから・・・

 

ともあれ、まずはミニアルバムが楽しみです。

 

[2017.3.15 追記]

ミニアルバムの詳細が発表されました。

 

スポンサーリンク

 

清竜人「TOWN」ライブ Vol.1 2017.2.2@TUTAYA O-EAST ~最高の盛り上がり~

清竜人 音楽

f:id:napamaru:20170203080934j:plain

昨日2017年2月2日、清竜人さんの新プロジェクト「TOWN」のライブに行ってきました。

 

この「TOWN」というプロジェクトは、清竜人を中心にして、観客が楽器を演奏し、観客が一緒に歌う、といったように、「清竜人がみんなとバンドを組む」という企画。

楽曲のダウンロードも無料、ライブも無料(チケット発券料やドリンク代などは別途必要)といったものです。

 

f:id:napamaru:20170203080957j:plain

グッズのタンバリン買ったった。コンパクトでいい感じです。

ちなみに、タンバリン 1000円、カスタネット1000円、ミニハーモニカ1500円でした。

 

f:id:napamaru:20170203081013j:plain

f:id:napamaru:20170203081034j:plain

ちょっとわかりずらいかもですが、会場は、ステージがかなり前方へ設置されていて、ステージ前にマイクが設置されて、はじめは観客はそれを囲むように観る感じです。(2曲目からマイクが撤去されて、ステージ前の中央部分にも観客が入れました。)

向かって右側にも、小さいステージにドラムセットが用意されてました。

 

楽曲が、パンクだったので、なんとなく足元はドクターマーチンのブーツを履いていったんですが、パンクっぽい格好をしている人はいませんでした。(僕も足元だけのパンクですが・・・)

考えてみたら、「パンクのライブ」ではなく、「清竜人のライブ」ですからね。竜人ファンばかりなので、みんな普通の格好してます。

グッズのTシャツ着てる人は、結構いました。

 

21時5分を過ぎたあたりから、ライブがスタート。

楽器を演奏するメンバーに続いて、ジーンズに上半身が裸、頭にハチマキの竜人くんが登場しました。

背中には、例の入墨があります。(やっぱ本物?シール?)

f:id:napamaru:20170203103110j:plain

f:id:napamaru:20170203103122j:plain

 スマホ等での撮影は可能なライブでした。

 

【セトリ】

1.それでいい!それがいい!

2.俺の街まで来いよ!

3.やりたくないぜ!

4.青春

5.I Don’t Know!I Don’t Care!

6.糞小便の歌

7.ケツの穴ちっちゃいね!

8.ほどほどに生きましょう!

 

観客は、一緒に歌う、タンバリンをたたく、腕をあげる、といった感じで、1曲目から、ものすごい一体感。大盛り上がり。

 

正直、ダウンロードした音源を聴いていた時は、2~3曲を除いて、それほど好きではなかったので、あまり聴いてなかったんですが、このライブで「みんなで歌う」というコンセプトを体感すると、やっぱこの曲で正解だったんだな、と、改めて思いしらされました。

 

ライブ自体は、短めの曲が8曲なので、20分ちょっとで終了。

公開されていた音源では、竜人くんの声はあまり目立ちませんでしたが、今回のライブは、竜人くんががっつり中心で歌いますし、竜人くんにしては目珍しく、ちょっとしたMC?があったりして、見応えありでした。

特殊な企画のライブだったと思いますが、大成功だったと思います。

 

それでいい!それがいい!」の様子↓↓

清竜人「TOWN」ライブ - それでいい!それがいい! - YouTube

 

f:id:napamaru:20170203082000j:plain

 

次回は、2月20日。

また、参加させていただきます。楽しみ。

 

[2017.2.25 追記]

背中の刺青については、2017年2月20日発売の「CDジャーナル」の「TOWN」のインタビューで竜人くんが詳しく語っています。

 

スポンサーリンク