日常エウレカ、ヘウレーカ

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

「ない仕事」の作り方

「ない仕事」の作り方(みうらじゅん 著/文藝春秋

 

「マイブーム」や「ゆるキャラ」の名付け親であるみうらじゅん氏が、自身の「マイブーム」を、自ら営業や制作すべてを自分一人で行う「一人電通」として広めたその手法(仕事術)をすべて紹介してしまおうと企画された一冊。

 

本書のまえがきによると、みうら氏は自身の仕事のことを、

私の仕事をざっくり説明すると、ジャンルとして成立していないものや大きな分類はあるけれどまだ区分けされていないものに目をつけて、ひとひねりして新しい名前をつけて、いろいろ仕掛けて、世の中に届けることです。

 

(『「ない仕事」作り方』より引用) 

・・・と説明しています。

もはや、「漫画家」や「イラストレーター」と言わない潔さもすごいですが、この説明を読んで、「なるほど」とも思います。

いままで、みうらじゅん氏が何をしている人かわからなかった方も、この説明には納得ではないでしょうか。

 

自分だけが気になる「マイブーム」に名前をつけ、自分で編集者に接待して仕事をもらう、あるいは広げ、世に紹介し、自分でイベントを仕掛けるなどして、「大ブーム」にかえていく、という「一人電通」としての一連の動きや考え方が、本書で詳しく説明されています。

 

第1章では、すでに「大ブーム」となった「ゆるキャラ」を例にあげて、当時のみうら氏がどうようにブームを仕掛けていったかを解説。

第2章から第4章では、みうら氏の過去の様々な仕事(マイブーム)を例にとって、そこから読み取れる仕事術や考え方などを紹介。

 

本書を読むと、「ゆるキャラ」など、みうら氏がネーミングして世に出た事象の裏には、しっかり、みうら氏の仕掛けや努力があるんだなぁ、とあらためて感心します。

 

「一人電通」というスタンスや考え方は、既にフリーランスで仕事をしている方は、近いことをやっているかもしれないですが、これからフリーで仕事を始める人間は見習いたいところですし、雇われて働いている人間も、随所でその考え方が参考にできると思います。

 

本書のあとがきで、みうら氏の「エロスクラップ」について、『本当の「ない仕事」』と説明しているのが、なにか感慨深いです。

 

ともあれ、すべての社会人が一読すべき一冊です。

 

「ない仕事」の作り方
みうら じゅん
売上げランキング: 3135

【でんぱ組.inc】夢眠ねむさんが、意味深なブログを更新!気になる今後は?

現在、メンバー6人でのライブ活動が、実質「休止」状態にある「でんぱ組.inc」のメンバーで、ミントグリーン担当の「夢眠ねむ」さんが、意味深な内容のブログとツイートを更新しました。

 

まずは、リンクからブログをご覧ください。

ameblo.jp

 

・・・全文読んでみて、やっぱり、よく意味がわからないです。

言えないこともたくさんあるんでしょうが、オブラートに包みすぎて、果たして何人に真意が伝わっているのか怪しいというレベルです。

 

かく言う僕も真意がわからないながら、ちょっとずつ、気になる部分を引用してみたいと思います。(ブログやインスタグラムの引用中の「太字」は、ブログ管理者によるものです)

 

最近は
大きな声援の中の
小さな罵声かもしれないけど
いろんな声があります。
メジャーアイドルであれば言ってもらえることがありがたいことで、スルーの美学みたいなのが声高らかに提唱される時代、それも理解しているのですが私にとってでんぱ組.incはかけがえのない居場所で
だからそれがとても悲しかった。
 
(上記「夢眠ねむ」さんのブログより引用)

これは、何についての罵声なんでしょうか?

今年2017年5月13日~21日まで、サンリオピューロランドで「夢みるディアステージ」という、でんぱ組.incを中心としたディアステージ所属のタレントとサンリオキャラクターとのコラボイベントが行われていました。

 

夢眠ねむさんは、このイベントへの思い入れがかなり強かったと見えて、期間中に熱い思いを投稿したインスタグラムが、逆に、いろいろな憶測を呼びました。

 

夢眠ねむさんのインスタグラム

https://www.instagram.com/p/BUUM_xcAPeg/

 夢というのも遠すぎるくらい。みれてないレベルの、とんでもない夢が叶いました。この5人と1匹でたくさん練習して、ディアステージの仲間の頑張りを近くで見て。不可能を可能に変える力がディアステージにはある。明日が最後の夢みる☆ディアステージ!全員が幸せになる空間になりますように…!!

夢眠ねむさんのインスタグラム https://www.instagram.com/p/BUUM_xcAPeg/  より引用)

そのことについての罵声なんでしょうか。

または、今年2017年1月20日のでんぱ組.incの武道館公演で、今後しばらくライブの予定がないと発表して以来、確かにメンバー6人で揃っての活動というのが、ほとんど見られないことなどについて、やはり様々な憶測な飛び交っているので、そのことを言っているんでしょうか?

 

待っていてくれるみんなをがっかりさせたくない気持ちで、プロ意識をもって舞台にたどり着いて、涙をこらえてステージにたっている子が、非難されることが多くあります。
そこに笑顔で存在することを、否定されることが多々あります。
 
私はこの構図がどうしても悲しくて、
みりんちゃんが諦めたくないでんぱ組.incを、それについていくと決めていた私は諦めてしまいそうだ、と思っていました。

 

(上記「夢眠ねむ」さんのブログより引用)

 「でんぱ組.incを諦めてしまいそう」という思いを吐露していますが、これが、先の1月20日の武道館ライブの回答なのでしょうか?

その前の文章の「笑顔で存在することを、否定されることが多々あります。」あたりは、どのようなことを指しているのかよくわかりません。

私としては8年間、でんぱ組.incの一員として(中略)幸せな8年間でした。

 

1度目の武道館のことはいまも忘れられないし、
もう一生、でんぱ組のライブがないかもしれないという気持ちで挑んだ2度目の武道館は私の中のすべての想いを、歌を、ダンスを、出し切りました。
 
(上記「夢眠ねむ」さんのブログより引用)

ねむさん本人も、この後の文章で「死亡フラグ立ててる」と書いてますが、これは、でんぱ組.incに関しての死亡フラグ以外に見えないんですよね・・・

 

特に聞き捨てならないのは、「もう一生、でんぱ組のライブがないかもしれないという気持ちで挑んだというところ。 

一日も早く、メンバー6人揃ってのライブを待つファンの気持ちからすると、「やっぱ、もうライブないんかい!!」とツッコミを入れたくなります。

 

スポンサーリンク

 

 

私は、でんぱ組.incである前に
ディアガールです。
(中略)
みんなが作ってくれた道を
ちょっとでも歩きやすくするのが少し後ろを歩いていた私の役割で
その中で、自分も新しい道も増やせることができたらなんて素晴らしいことかと思っていました
(中略)
なんか、幸せな人生だったなー、と
(中略)
なんかめちゃめちゃ死亡フラグ立ててるけど
死なないんだけどね

 

(上記「夢眠ねむ」さんのブログより引用)

 このあたりから、死亡フラグを立てておきながら、話がさらに真意が見えにくくなってくる印象があります。

 

でも、これから私が世に出すもののイメージが全てそういう空気を纏っていて。
今伝えなくちゃと思い、ここに書いています。
心配かけたらごめんなさい。
私の思考回路では(参照:まろやかな狂気)
世に人に、アイドルが必要なくなることが普通の幸せだとも思っているから、死と逆の意味でもあります
心配しないでね。
 
(上記「夢眠ねむ」さんのブログより引用)

 ねむさんにとって「夢眠ねむ」というアイドル自体が、中の人が作った「美術作品」な訳ですから、ここのところで、その「作品」について、様々な憶測や誤解を生んでいるのであれば、それを訂正(?)しておきたいという気持ちがあるのかもしれません。

そして、これから発表する作品が、「夢眠ねむ」の死を連想させるものである為、「そうじゃないんだよ」と事前に言っておきたい気持ちがあるのでしょうか。

しかし、アイドルという「ビジネス」の枠組みの中で活動している人間であれば、「今、言えること」「今、言えないこと」があるのかもしれません。

 

でんぱ組.incがひとりひとり出す写真集の最後がわたしで
去年の発想段階で「夢眠ねむのお墓みたいなイメージ」がわたしの中であって
ホラーとかそう意味じゃなくて、
さっきの”いい人生だったなぁ”って思える走馬灯みたいな、現実であったものがエッセンスとなって夜夢に出てくるような、そんな感じになっていたり
(中略)
その後は、しばらくわたしの生誕期間があって
できるだけたくさんの人に会えるようにしたいなと思っています。
(中略)
ひとまず夏が終わるまでは夢眠ねむとして、夢眠ねむに集中して過ごそうと思います。
 

(上記「夢眠ねむ」さんのブログより引用)

 ・・・普通にこの文章を読むと、生誕期間が終わったら、「夢眠ねむ」を終わらせてしまう、というように読めます。

しかし、「死なない」「心配しないで」と言う。

もう、だったら、そもそもこんな意味深なブログ書かなきゃいいのに、と思うんですが、そこは(想像ですが)美術家として、自分の作品(夢眠ねむ)に対する今までの誤解や、今後出るであろう憶測などを少しでも払拭しておきたい、という気持ちなどが作用しているのでは?とも思います。

 

このブログと前後して、こんなツイートも・・・

 

ラストダンス」??

なんか、「夢眠ねむ」の死亡フラグ立てまくってる感じがするんですよね・・・

また、個人的には、メンバーの卒業は、即、でんぱ組.inc死亡フラグともつながると思うので、なんか心配です。

 

ねむさんは、ブログをこうしめています。

脳内マルチエンディング、だけど
死亡フラグだけは回収しないように
 
実感として、目の前にあるみんなの笑顔だけは目印に、頼りに、確信に、勇気になります。
 
正しい選択肢を選んで、
トゥルーエンド”にたどり着けますように。
 
(上記「夢眠ねむ」さんのブログより引用)

 とにかく、「正しい選択肢」を選んでほしいとは思いますが、それが、ファンが望むものとも限らないですしね・・・

 

夢眠ねむさんの誕生日は、「7月14日」です。

また、でんぱ組.incトイズファクトリーとの契約更新時期が9月頃では、とも言われています。(確たるソースは見当たりませんが)

そう考えると、今年2017年の8月か9月あたりに、でんぱ組.incまたは、夢眠ねむさんの今後について、何か動きが出る可能性はあります。

 

 

ねむさんは、幸せのようです。

 

先日、ディアステージの社長がインタビューで、でんぱ組.incは、10年・20年先を見据えた「リノベーション期間」にある、というような内容を話していました。

僕個人としては、(何事もなかったかのように)今までのメンバー6人で、今までのようなライブを観たいなー、と思うだけです。

多くのでんぱ組ファンも、同じではないかと想像するんですけどねぇ・・・

 

[2017.05.31 追記]

昨年末に出たベストアルバムにあわせて行われたインタビューを、あえて今、あわせて読むと、なんか、さらにモヤモヤします。下のリンクから↓↓

でんぱ組.inc、ベスト・アルバムをハイレゾ配信!夢眠ねむソロ・インタビュー! - OTOTOY

 

スポンサーリンク

 

清竜人「TOWN」ライブ Vol.5 2017.5.22@晴れたら空に豆まいて に行ってきました。

f:id:napamaru:20170523074413j:plain

昨日2017年5月22日に、代官山「晴れたら空に豆まいて」で行われた清竜人のプロジェクト「TOWN」のライブに行ってきました。

 

晴れたら空に豆まいて」は、キャパ200人くらいのこじんまりしたライブハウスで、音楽ライブ以外にも、様々なイベントを行っている、ちょっと雰囲気のあるスペースでした。

f:id:napamaru:20170523081538j:plain

f:id:napamaru:20170523075037j:plain

でも、ステージが低い。

ちゃんと見えるかしら・・・?!

 

で、ライブ開演。

セトリはいつもの8曲です。

f:id:napamaru:20170523080716j:plain

01.それでいい!それがいい!

02.俺の街まで来いよ!

03.やりたくないぜ!

04.青春

05.I Don’t Know!I Don’t Care!

06.糞小便の歌

07.ケツの穴ちっちゃいね!

08.ほどほどに生きましょう!

 

ライブ開始早々、竜人くんが観客へダイブ。

で、なんて言うんですかね、クラウドサーフ(?)みたいな感じで、お客さんの上でしばらく流れてました。

 

今回、会場の「一体感」がすごくて、1曲目の「それでいい!それがいい!」から8曲目「ほどほどに生きましょう!」まで、観客もみんなで歌っての盛り上がり。

みんな、手を挙げる、タンバリンを鳴らす、カスタネット(少数派)を鳴らす、の盛り上がり。

もちろん、竜人くんが中心で歌ってたんですが、ライブが終わって、なんか竜人くんの歌声をあまり聴いてないような印象を受けるくらいみんなで歌ってた感じでした。

一般参加のボーカルの方も4名くらいステージで歌ってましたけど。

 

普通、ライブに行って、となりの人とかが大声で歌ってたら興覚めしちゃうと思うんですけど、「TOWN」に関しては、みんなで歌って、みんなで盛り上がる。

なんだかんだと、僕もTOWNのライブを観るのが4回目ですが、昨日のライブは、キャパが小さいこともありましたが、今までで一番「一体感」があったような感じがします。

竜人くんは、こういう「一体感」を目指してるのかな?とも思いました。

(まぁ、僕も4回目だし、「リピーター」のお客さんが多いと思われるので、自然と、そういう一体感が生まれたとも言えなくもないですが・・・)

 

f:id:napamaru:20170523080643j:plain

(ステージが低いので、後ろからだと、竜人くんの写真もこんな感じで精一杯。)

 

f:id:napamaru:20170523081531j:plain

次回「TOWN」は、いよいよ「全国ツアー」一発目、6月28日の宇都宮です。

僕個人は、次はツアーファイナルの7月11日川崎クラブチッタを観に行きます。

 

 

・・・でも、その前に、6月17日に幕張で行われる「清竜人25」のラストコンサートに参戦します。

楽しみ。

 

そー言えば、先日、竜人くんがツイッターで「曲増やす」みたいなことをつぶやいていましたが、全国ツアーまでに配信されるんでしょうか?

気になります。

 

スポンサーリンク

 

【クロスカブ】タイヤの空気圧をチェックする

バイクのタイヤの空気圧は、本来、日常点検項目なんですが、カブなどの気軽に乗れるタイプのバイクでは、なかなかマメにチェックしている方は少ないかもしれません。

 

ホンダも、「少なくとも1ヵ月に1回はタイヤの空気圧をチェックするようにしましょう」、と言っているので、僕も月に1回はバイク屋さんに行って空気圧をチェックしてもらってました。

 

で、少し前に、安いコンプレッサーを購入したので、自分で空気圧をチェックするようになりました。

 

f:id:napamaru:20170511152904j:plain

電源が、車の12Vから取るタイプですが、このコンプレッサーが安かったので、これに・・・

f:id:napamaru:20170511153036j:plain

このエアチャックガンを付けてます。

で、タイヤにエアを入れる際のエアチャックはL字型のものに付け替えてます。

f:id:napamaru:20170511153410j:plain

これの形でないと、なかなかうまくいかないので、後から追加で購入しました。

f:id:napamaru:20170511154206j:plain

L字型じゃないと、こんな感じにはいかないんですよね。

 

 念のため、アマゾンのリンクを貼らせていただきます。

 

 

(STRAIGHT/ストレート) タイヤエアーチャック 1/4 L型ロックタイプ バイク用 15-2974
(TOOL COMPANY STRAIGHT) ツールカンパニーストレート
売上げランキング: 21020

 

で、計測です。

チェーンカバーにも記載がありますが、ホンダによると、クロスカブのタイヤ空気圧は、「前輪:175kPa(1.75kgf/c㎡) 後輪:225kPa(2.25kgf/c㎡)」とのことです。

 

f:id:napamaru:20170511154417j:plain

これが、前輪の175kPaをチェックしてるところですが、このエアチャックガンの目盛りだと、1の位は目分量であたりをつける感じになっちゃいます。

で、同様に、後輪の225kPaもチェックします。

もちろん、エアチャックガンを付けているので、空気圧の数値によって、空気を入れたり抜いたりできます。

 

結局、自分で道具を揃えても、月に1回程度しか空気圧はチェックしてないんですけどね。

バイク屋さんに、「自分でコンプレッサーを買ったので、自分で空気圧をチェックしている」と話したところ、あまり安いコンプレッサーだと、空気と一緒に「水分」が入ってしまうことがあるとのことで、長い目でみると、あまり良くない場合もある、とのことでした。

(僕の購入したコンプレッサーが、水分が入るかどうなのかは不明ですけど。)

それもあって、何回かに1回は、バイク屋さんに行って空気圧をみてもらってます。

 

まぁ、バイク屋さんが近くにある場合は、月1回くらいのことなら、空気圧以外のこともついでに相談できるので、バイク屋さんに行った方がいいかもしれません。

ただ、自分でもこういう道具を揃えておくと、何かと安心ではあります。

 

スポンサーリンク

 

【染めQ】アディダスのスニーカーを塗ってみた。

いつも散歩で使っているスニーカー(アディダス・カントリー)の一部がボロボロになってしまったので、染めQで塗ってみることにしました。

 

f:id:napamaru:20170506182516j:plain

このスニーカーなんですが、たしか10年以上前に買ったものなので、なんなら捨ててもいいんですが、なんかもったいないので、実験的に塗ってみることにしました。

普通は、白い部分を塗ってキレイにしよう、という場合が多いと思うんですが、僕の場合は、気になるのが、ネイビーの部分のハゲたところです。

 

f:id:napamaru:20170506182534j:plain

f:id:napamaru:20170506182546j:plain

 

ハゲる前は、「革風」のビニールか何かでコーティングされて、テカテカだったんですが、「革風」のビニールらしきものが剥がれて、下の布地の部分が出てきてしまってます。

今回は、この「布地」の部分を塗ることになります。

 

まずは、マスキングテープと新聞紙で養生します。

 

f:id:napamaru:20170506182602j:plain

f:id:napamaru:20170506182624j:plain

 

白い部分を、全て養生する感じです。

 

f:id:napamaru:20170506182656j:plain

 

染めQは、靴用のものもあるんですが、今回は布を塗るだけということと、靴用の染めQには、「ネイビー」がないので、スタンダードなヤツ(?)「染めQ ミニ染めQ エアゾール 70ml ネイビー」を使いました。

 

スポンサーリンク

 

 

染めQの使い方のポイントなどは、メーカーのこの動画を参考にしました。


【PV】染めQエアゾール|染めQテクノロジィ

で、塗装が終わって、養生をとったものが下の写真です。

 

 

f:id:napamaru:20170506182747j:plain

f:id:napamaru:20170506182759j:plain

f:id:napamaru:20170506182807j:plain

 

 ・・・まぁ、写真ではわかりにくいかもしれませんが、やっぱり、元々の「革風」な部分と「布地」を塗った部分では、「質感」が違う訳ですよ。

これは、どうしようもないです。

でも、まぁ、遠目に見れば、まずわからない感じなので、散歩で履いてるくらいなら、「アリ」かなぁ、と思うんですけど・・・

友人のお宅で靴を脱いだり、居酒屋の座敷で靴を脱いだりしたら、「なんか、おかしな靴だなぁ・・・」と思われるレベルですが・・・

まぁ、これで、しばらく履けるかな?とは思ってます。

 

で、ちなみに、アディダスのマークのまわりのデコボコした細かい部分は、マスキングでは対応できなかったので、全体をスプレーして養生をはずした後、プラモデルで使う混ぜ皿みたいなものに、スプレーの塗料を出して、マークのまわりの部分だけ、筆で塗りました。

 

f:id:napamaru:20170506182837j:plain

こんな感じにちょっとずつ塗料をスプレーして出して、筆で塗る、という作業をしました。

これはこれで、染めQの間違った使い方だと思うんですが、なんせ細かいところは、養生するのが大変なので、この方法をとりました。

 

あと最後に、僕のスニーカーは10年選手で、白い部分も結構ボロボロだったので、マスキングテープを貼って剥がしたら、白い革も一緒に剥がれたりした部分もあるので、古いスニーカーでテープを貼る場合は注意が必要です。

 

スポンサーリンク