読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常エウレカ、ヘウレーカ

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

そうだ、乱歩を読もう

書評

ボクは、江戸川乱歩の作品を読むのが大好きです。

 

乱歩の文章には、どこか「欲求不満」感が漂い、とても、精神的に健康な人が書いたとは思えない雰囲気の世界にいざなってくれます。

 

ボクが乱歩にハマるきっかけになったのが、新潮文庫の「江戸川乱歩傑作選」です。

デビュー作「二銭銅貨」を含めた、乱歩の「傑作」短編が収録されており、この1冊だけ読んでも、「乱歩世界」を十分堪能できると思います。

 

収録作品

  ・二銭銅貨 ・二癈人 ・D坂の殺人事件 ・心理試験

  ・赤い部屋 ・屋根裏の散歩者 ・人間椅子

  ・鏡地獄 ・芋虫

 

この中でも、ボクは「人間椅子」が大好きです。

椅子職人が、椅子(ソファ)の中に入り込んで、椅子の上にすわる婦人の感触を秘かに楽しむ、ような感じの話。

「屋根裏の散歩者」や「芋虫」も名作です。

 

で、乱歩作品を「推理小説」として読もうとする人がいると思いますが、ある意味で、それは誤りだと思います。

乱歩自身、自分の小説のジャンルを「探偵小説」と言っているので、いわゆるミステリ小説的な要素はたくさんあるのですが、乱歩の魅力は、幻想的な世界観にある、と思います。

 

その意味で大好きな作品が、「孤島の鬼」と「盲獣」です。

「盲獣」は、盲目の老人が、あらゆる「触感」の快楽をもって、自分の好みの女性を虜にしてしまう、完全にイっちゃってる作品です。

「孤島の鬼」は、乱歩世界にある程度ハマった方は、必ず読んでみてください。解説不要の傑作長編です。

 

まだまだ、乱歩の後期の作品で読んでいないものがあるので、読んでいきたいと思います。

 

江戸川乱歩傑作選 (新潮文庫) 江戸川乱歩傑作選 (新潮文庫)
江戸川 乱歩

新潮社 1960-12-27
売り上げランキング : 9609

Amazonで詳しく見る by G-Tools