読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常エウレカ、ヘウレーカ

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

でんぱ組.incが、ついにパチンコになってしまった…

でんぱ組.inc アイドル

う~ん・・・パチンコですか。

ついに、でんぱ組がパチンコの演出の一部に登場です。

地球防衛隊員の役のようです。

 

「ぱちんこウルトラバトル烈伝 戦えゼロ!若き最強戦士」

 株式会社オッケー(京楽のグループ会社)

オッケー株式会社公式HP

http://www.ok777.co.jp/

 

〈ぱちんこウルトラバトル烈伝 戦えゼロ!若き最強戦士〉プロモーションムービー

 

 

最上さんが、「ウルトラマンギンガS」に出演しているので、その絡みでの起用と思いますが、まさかメンバー全員出るとは…。

 

まぁ、僕自身、学生の頃から20年来、パチンコ・パチスロをやってきて、やっとこのところ、禁パチをしたという生粋のダメダメな人間なんですが、脱パチをしてアイドルを追っかけだしたら、またパチンコに戻る、という恐怖のサイクルが待ってました…。

まぁ、京楽は、AKBのパチンコ・パチスロで成功してますから、アイドルの起用は必然なんでしょうねぇ。

 

ただ、初期の頃のエヴァンゲリオンやAKBなどを除くと、パチンコやパチスロに使われるコンテンツというのは、いわゆるオワコン的なものが使われているイメージがあります。

あの、冬のソナタでさえ、ブームが一段落してからパチンコになったと記憶してます。

ディズニーやジブリは、決してパチンコにならないですし。

 

今回、でんぱ組単体の機種ではないので、どれだけでんぱ組の収益になるか不明ですが、エヴァンゲリオンなどは、パチンコから入るコンテンツ使用契約の収益で映画の続編を製作したとも噂されます(詳細はわかりませんが)。

 

そーいった、止むに止まれぬ理由があるがある場合を除いて、パチンコやパチスロのコンテンツになることに、あまりメリットはないように思うんですよねぇ…。

 

パチンコメーカー側からすれば、どんどん新しいコンテンツを使用することで、新しいパチンコファンを掘り起こしていくメリットはあります。

AKBの起用やアニメ化物語の起用などの、ここ数年のヲタ勢を取り込むかのようなコンテンツの使用の流れは、お金を使ってくれるヲタ達をある程度、取り込むことになったかもしれません。

 

でも、今回、おそらくでんぱ組は、リーチや予兆の演出に登場すると思われますが、ここらへんを見て、ドルヲタ以外のパチンコファンが、でんぱ組のファンになるとは考えにくいですよね。

むしろ、演出からのリーチ→ハズレなどを繰り返すことで、出てくるでんぱ組を嫌いになるパチンコファンの方が多そうです。

特に京楽の演出は、熱いのがくるのにハズレが多いので、なおさらかも…。

 

とは言っても、まだまだ仕事を選べるほどのポジションじゃないってことなんですかねー。

 

ドルヲタ側からみて、今回ありがたいのは、パチンコの導入にともない、シングルが発売されることでしょうかねー。

 

シングル情報

でんぱ組.inc × ウルトラバトル列伝

  New Single 『超絶ウルトラ☆Happy Days / ギダギダda ズバズバda!!』

Toys Factory HP

http://www.toysfactory.co.jp/sp/artist/dempagumi/news/detail/1424

 

2015年3月25日(水)発売、ヴィレッジバンガード限定で、「CD+DVD」 ¥1,389+税 だそうです。

 

な、なんと2曲も・・・。

でも、このシングルも、「愛があるから」のように、空気みたいな感じに発売されるんでしょうね。

まぁ、パチンコ屋で、リリイベとかされても、B級感が増しちゃうので、空気でいいかしら。

 

この流れからいくと、単体で「ぱちんこCRでんぱ組.inc」とか出ちゃいそうですね。

それはそれで、面白そうですけど。

 

「ORANGE RIUM」が流れて、筐体が全面オレンジになったら激熱とか、「Sabotage」のライブ映像が流れると超プレミアとか(まぁ、権利の都合上、二次使用はありえませんけど)。

 

でんでんぱっしょんは連続カットイン演出で、「この先、大丈夫かなー」→「不安」「厳しい世界だからね」(だいたいココで終わってハズレ)→「なめんなとか言っちゃたしさぁ」→「大丈夫、みんながいるし仲間だもん!」(ここでリーチ確定)→「えいたそは元気だなぁ」→「あ、そろそろ始まる」ここまでカットインすると、激熱で、役物のギミックが起動するとか。

あ、いかんいかん、勝手に「CRでんぱ組.inc」を、俺プロデュースしてました。妄想でした。

 

ともあれ、パチンコ・パチスロは、ほどほどに・・・。