読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常エウレカ、ヘウレーカ

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

~Velvet Theater 2016~GLIM SPANKY Live 2016.07.09@東京キネマ倶楽部

GLIM SPANKY グリムスパンキー 音楽 ライブ参戦日記

スポンサーリンク

 

 

昨日2016年7月9日、久しぶりにGLIM SPANKYのライブに行ってきました。

今回は、「Velvet Theater 2016」という、幻想的なコンセプトライブでした。

場所も「東京キネマ倶楽部」という、元々はキャバレーかなんかをリノベーションした雰囲気のある箱です。

f:id:napamaru:20170116195543j:plain

僕はGLIM SPANKYのファンなのに、全然知らなかったんですが、「GLIM SPANKY」という名前は、「GLIM」のなかに「幻想的な」みたいな意味があり、「SPANKY」のなかに「攻撃的な」みたいな意味が込められているらしいです。

で、今回のライブは、Velvet Theaterということで、このGLIM=幻想的な曲を中心にセトリを組んだという、雰囲気もなかなかに幻想的なライブでした。

f:id:napamaru:20170116195635j:plain

【セトリ】

1. Velvet Theater

2. 未発表曲

3. MIDNIGHT CIRCUS

4. 焦燥

5. 踊りに行こうぜ

6. grand port

7. NIGHT LAN DOT

8. 夜明けのフォーク

9. サンライズジャーニー

10. Gypsy

11. いざメキシコへ

12. 闇に目を凝らせば

13. ミュージック・フリーク

14. WONDER ALONE

15. リアル鬼ごっこ

16. 大人になったら

アンコール

17. 怒りをくれよ

18. ロルカ

 

ギターの亀本氏が、今回は未発表曲(音源化してない、という意味だと思います)が多くて大丈夫かと思っていた、というようなことをアンコール前に言ってましたが、ライブを観た感想としては、「あれ?GLIM SPANKYって、こんなにカッコよかったっけ?」って、あらためて認識させられるほど、すごくかっこいいライブでした。

考えてみれば、僕としてはどちらかというとSPANKYな曲を中心に今までGLIM SPANKYを聴いていた気がします。ただ、GLIMな曲中心で構成されたセトリを聴いてみて、あらためてかっこいいなぁ、と思わされたたライブでした。

特に、ヴォーカルの松尾レミさんの声の伸びが尋常じゃなかった気がしたんですが、気のせいでしょうか?

「Velvet Theater」で始まり、「NIGHT LAN DOT」のあたりでは、もう聴き惚れてしまいました。

で、このライブはAbemaTVでま生配信されてましたが、アンコール部分は配信されてなかったとのことです。

「怒りをくれよ」、みたいな次のアルバムのリード曲は、ホントは生配信に入れて広く聴いてもらいたいんだろうな、と思いますが、幻想的なライブのコンセプトを守るためなのか、あえて生配信はないけどアンコールに持ってくるところがまたいい感じです。

しかし、アイドルのライブで慣れてしまうと、ロックのライブは観てる間、手とかがヒマですね。

アイドルのライブは、ペンライト振ったり、Mixいれたりでなにかとやること多いんですけど(まぁ、それがイヤという音楽ファンも多いんですが)、ロックのライブは、右手あげるとかクラップとかそれくらいしか、ライブと一体になる方法がないので、手がヒマっちゃーヒマですね。まぁ、どっちが良いとは、一概に言えませんけど。

それと、GLIM SPANKYのライブにこれから行く方へ。GLIM SPANKYは、ブルージーなゴリゴリのロックという音楽性の為なのか、僕も含めたおっさんやおばさんが多いです。ホント多いです。おっさんおばさんで興味のある人は、臆せず行った方がいいと思います。

もちろん、若い方も多いので、若い方も興味があったら、是非行くべきです。

10月には、新木場スタジオ・コーストでのワンマンライブを控えてますが、こういった小さめの箱でライブやるのも、今年で終わりの可能性もありますし。

まぁ、東京キネマ倶楽部のVelvet Theaterは、何回か続けたいみたいなこと言ってましたけど。

ちなみに、今回、この東京キネマ倶楽部には初めていきました。この箱についてひとこと感想を。

入場時に、みんなが待つスペースが建物にないので、前の通りでみんなたむろして入場を待つ感じです。

で、受付が6階なのでちょっとずつエレベーターで上がります。なので、入場はわりと時間がかかります。

ステージは5階なので、階段でさがるかたちになります。

6階にはイスのある観覧スペースがあって、すごいステージがみやすいんですが、昨日は関係者席?になってたんかな。

ライブが終了すると、非常口の方へ押し出されていって、5階から階段でさがることになります。なので、出るのも時間かかります。

でも、ステージとの距離は異常に近いし、とても雰囲気があっていいライブハウスだと思います。

f:id:napamaru:20170116195610j:plain

ともあれ、いいライブだったなぁ。あらためてGLIM SPANKYを好きになっちゃいました。

7/20には、GLIM SPANKYのニューアルバム「Next One」が発売されます。楽しみ。

余韻に浸りつつも、来週は、清竜人25のライブが品川ステラボールであるので、楽しみなところです。

※ライブに行く際にスマホを忘れてしまい、写真が撮れませんでした。

なので、掲載した写真はツイッターで検索したものを引用させていただいております。もし、問題ある場合はお手数ですが、ご連絡ください。すぐに削除いたします。

 

Next One(通常盤)

Next One(通常盤)