日常エウレカ、ヘウレーカ

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

【若干、ネタバレあり】『傷物語 Ⅱ 熱血篇』を観た小並感など。


傷物語〈Ⅱ熱血篇〉本予告(8/19全国ロードショー)

 

DVDが出たので、『傷物語 Ⅱ 熱血篇』を観てみました。

 

今作は、阿良々木暦と吸血鬼ハンターの3人(ドラマツルギー、エピソード、ギロチンカッター)との闘いを描いています。

ギロチンカッターとの闘いが、あれで終わったのか、よくわかりませんけど・・・)

 

前作の『鉄血篇』から比べると、物語シリーズならではの「会話劇」としての面白さが際立っているなぁ、という感じがします。

阿良々木くんと羽川翼の会話がテンポよく、かつ心地よく続く感じです。

また、物語シリーズでは珍しく(?)戦闘シーンが盛り沢山なので、それはそれで、観るべき価値があるのかも。

ギロチンカッターとの闘いが、一瞬で終わってしまった感じですが、この後、どんな展開だったかしら?

 

一応、原作は読んでるんですが、あまりにも前に読んだので、内容を忘れちゃってます。

全3作揃ったら、もう一回、原作読んで内容を比べたいと思いますが、今はアニメはアニメとして楽しみたいと思います。

 

完結篇の『Ⅲ 冷血篇』は、今年2017年1月6日から劇場公開です。


傷物語〈Ⅲ冷血篇〉ロングPV(大ヒット上映中)