日常エウレカ、ヘウレーカ

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

【ポルカドットスティングレイ】メジャーデビューアルバム「全知全能」を発売!

ネクスト・ブレイクのバンドなどに興味がある音楽好きの方は、既にご存知かとおもいますが、今、かなり勢いがあります、ポルカドットスティングレイ

 

本日2017年11月8日、ポルカドットスティングレイのメジャー移籍フルアルバムとなる「全知全能」が発売されました。

 

ちなみに、ポルカドットスティングレイ(以下、ポルカ)は、彼らのオフィシャルHPによると、「福岡県福岡市を拠点に、何かを企む 超常ハイカラギターロックバンド」ということです。

ボーカル・ギターの雫(しずく)さん、ギターのエジマハルシさん、ベースのウエムラユウキさん、ドラムのミツヤスカズマさんの4人組のロックバンドです。

 

先日のラジオでは、東京に拠点を移すことを考えているが、忙しすぎて引越しができない、というようなことを雫さんが言ってました。

 

で、このアルバム、ポルカの規模にしては、タイアップが多い印象です。

 

 

「リード曲」って、普通1曲じゃないのかしら?という疑問は置いておいて、

「レム」→サントリー「ヨーグリーナ」

「サレンダー」→ゲーム「23/7」のイメージソング

ショートショート」→ソニーPS4のCMソング

「BLUE」→みずほフィナンシャルグループのCMソング

・・・ほとんどがWebでの展開とはいえ、大手とのタイアップばかり!!

メジャーデビューということで、レーベルも頑張ったんでしょうが、ポルカに対する期待値の高さを表しているように感じます。

 


みずほダンス【<みずほ>公式】

 

 

1曲目、3曲目、5曲目、7曲目、10曲目、CDのみ収録14曲目は、過去に音源化された曲の「全知全能ヴァージョン」ということなので、新曲は8曲。

 

ボーカルの雫さんは、どちらかというと歌い方の「クセが強い」感じのボーカルだと思うんですが、今回のアルバムからは、クセの強くない、さわやかな(?)歌唱法を身につけたとのことで、「レム」や「BLUE」などにみられるようなスッキリした歌い方の曲と、「サレンダー」など、今まで通りクセの強い歌い方を使い分けていくようです。

 

しかし、雫さんは、音楽歴はそれほど長くないと自信で言っていますが、ホントいい曲を次々と作り続けている印象です。

また、エジマさんのギターのアレンジがすばらしいアレンジで、クセになるようなフレーズばかり、かつ個人的に好きなファンクっぽいアレンジも数曲あって、捨て曲がない印象です。

 

 

CDが売れない時代ですから、このアルバムのセールスがどうなるかはわかりませんが、ホントに捨て曲がない良質のアルバムだと思います。

 

来年2018年2月からは、このアルバムをふまえての全国ツアーが始まります。

今までのライブでは、「チケット瞬殺」な印象がありましたが、今回のツアーは都市部では収容人数1000人規模のライブハウスもありますし、会場も多いですから、なんとかチケット入手してライブに行きたいと思います。(ポルカのファンは若い方が多いから、おっさんにはハードル高いので、悩みどころですけど・・・)

 

これからが楽しみなバンドですね。

 

スポンサーリンク