読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常エウレカ、ヘウレーカ

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

裁判傍聴の想ひ出 ~男と女の「具合」編~

先日、また横浜地裁に裁判傍聴に行ったときに気になった裁判。

 

f:id:napamaru:20170503084129j:plain

罪名は「詐欺」

 

内容としては、拾った「パスモ」を本人の家族と偽って、約10万円というお金に現金化した、という犯罪でした。

 

被告は、67歳の男性でしたが、どう見ても70歳後半くらいに見えるおじいちゃんで、ヨボヨボ感がいなめません。

で、被告は2ヶ月間で14~15万円の年金をもらってますが、家にはほとんどお金をいれず、同棲している女性の「ひも」状態なんだそうです。

 

同様の罪で前科がある被告について、「情状証人」として、減刑を求めるために、その同棲相手の女性が出廷しました。

 

情状証人の女性が出廷する前、僕を含めて一緒にいた3人の友人の女性達、つまり傍聴人全員が、情状証人には、絶対にヨボヨボのおばあちゃんが出てくると思ってました。

ですが、出廷したのは、40代後半とおぼしき妙齢の女性です。

美人ではないにしても、決してブスではない、いわゆる「ちょうど良い感じ」の清潔そうな女性です。

 

「彼が、刑務所から出てくるまで、絶対に待ってます」だから、減刑を求めますと真剣に訴える彼女。

 

被告が刑務所から出てくる頃には、もう介護が必要かもしれないし、たかだか、ひと月7~8万円の年金もらってるヨボヨボのおじいちゃんに、何故、そこまでの魅力があるのか?

・・・というところが、裁判の行方よりも、みんなが気になってしょうがないポイントでした。

 

僕が考えた結論は、

結局、「具合」なんじゃないかなぁ~。

というもの。

男と女の関係なんて、結局のところ、床の「具合」がいいかどうか、なんじゃないか、と僕は思ったのです。

 

当然、他の女性陣は納得いってない様子です。

ホントは、莫大な財産を持ってるんじゃないか?とか、そのおじいちゃんだけが、実は「徳川埋蔵金」のありかを知ってるんじゃないか?とか、いろいろな意見が出ました。

 

でも、傍目にみて、「別れた方がいいのに」って思う男女が別れないのって、やっぱり「具合」がいいからだと思うんですよね。

具合だと思うんですけどね・・・

 

スポンサーリンク