読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常エウレカ、ヘウレーカ

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

さよなら私

「さよなら私」(みうらじゅん 著/角川文庫)

 

みうらじゅん氏による、「自分」へのこだわりなんて捨てて、もっと人生を楽に生きよう、といった提案の書。

もはや、「哲学書」と言ってもいいような1冊です。

 

「自分探し」なんてしても、そもそも「自分」なんてない、他者と比較した「自分」がいるから人生はいろいろめんどーくさい。

「自分」へのこだわりを捨てれば、もっと人生が楽しくなる。

 

・・・といったような内容を、みうら氏らしい目線で綴った本書。

 

「なるほど!」という一節も多いんですが、なかなか「自分」っていうものをなくすのは、難しいですねぇ。

 

僕も、不惑の歳を超えて、かなり自分にこだわりがなくなったと思いますが、まだまだ「自分なくし」といった境地までは到達できません。

仕事や趣味は、死ぬまでの「人生の暇つぶし」、だからこそ、くだらないこだわりを捨てて、楽しんだ方がいい、といったようなことも書いてあります。

あぁ、激しく同意。

 

孔子いわく、四十にして惑わず、とは言いますが、人生で迷いっぱなしの僕です。

これからは、くだらないこだわりを捨てて、みうら氏の言う「グレイト余生」を送っていければ、いいなぁー、という願望をこめて毎日を送ります。

 

さよなら私 (角川文庫)[Kindle版]
みうら じゅん
売上げランキング: 18619