日常エウレカ、ヘウレーカ

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

食の軍師

「食の軍師」

泉昌之 著・ニチブンコミック・日本文芸社

 

最近では、「孤独のグルメ」や「散歩もの」など、谷口ジローさんの作画で上質な漫画を発表している原作者の久住昌之さん。

 

久住さんは、いろいろな漫画家とコンビを組みますが、泉晴紀(和泉晴紀)さんとコンビを組んだ時は、ペンネームが「泉昌之」となります。

僕は、「泉昌之」名義の漫画が、一番くだらなくて好きなのです。「かっこいいスキヤキ」とか。

 

本作「食の軍師」は、泉昌之作品ではおなじみのトレンチコートを着た「本郷」さんが、自身の心の中に「食の軍師・諸葛亮孔明」を抱きながら、「食」にこだわる作品です。

 

この度、第2巻が出たので、早速購入しました。

 

第1巻は、一つの食べ物を、どのような「兵法」・「布陣」で攻めながら食べるか?という、泉昌之氏お得意の「ダンドリ」感・「マニュアル」感あふれる作風ですごく面白かったんですが、第2巻は、食の軍師が、各地の食べ物を食べに行って、食を制圧する、といった内容に方向転換してました。

・・・第1巻は、確実に面白い、と言えるのですが、第2巻は、ちょっと方向性が変わりましたね・・・

どこに行っても、ビールとつまみの肴でしめる、みたいな、力の抜き方がちょっと・・・

 

ともあれ、泉昌之名義のグルメものは、とても好きで、特に有名でも高級でもない食べ物を、どーでもいいこだわりで食していくバランス感が、読んでいて、心地いいです。

 

一時、泉昌之のコンビは解消した時期もあるようですが、今後も、泉昌之名義で漫画を描き続けてほしいところです。