日常エウレカ、ヘウレーカ

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

水曜日のカンパネラ IN THE BOX TOUR 2017.07.26@新木場Studio Coast へ行ってきました。

f:id:napamaru:20170727070222j:plain

昨日2017年7月26日に新木場スタジオコーストで行われた水曜日のカンパネラ(以下、水カン)のライブへ行ってきました。

 

個人的には、初めての水カンのライブなので、少し緊張。

若い女の子とか多くて、おっさんの僕は浮くんじゃないか?とか思ってましたが、おっさんが結構多くて、ひと安心。

 

本日は、ソールドアウトということで、スタジオコーストは満員でした。

入場が遅い方だったので、結構後ろの方に位置どりましたが、ちゃんと観えるかどうか微妙な位置。

f:id:napamaru:20170727070547j:plain

 で、少し遅れて開演。

 

水がせせらぐ(?)みたいな映像が会場全体に映し出され、水の音(?)みたいな演出でスタート。

歌唱担当のコムアイさんがなかなか出てこなくて、個人的には、なんとなく意味がわからない演出で、ちょっとイライラ。

 

で、コムアイさんが登場して、ステージで3曲くらい歌ったかと思います。

早速、「チャップリン」が聴けて序盤から嬉しい。

で、その後、薄い幕が降りてきて、シルエットでコムアイさんが踊る姿が映されました。

コムアイさんが現れたと思ったら、幕ごと客席の方へ覆いかぶさってきます。

f:id:napamaru:20170727070732j:plain

f:id:napamaru:20170727070754j:plain

(↑↑わかりにくい写真ですが、幕に覆われた状況)

 

僕の上も幕がかぶり、どうなっちゃうのかと思ってたら、幕はひいていって、コムアイさんだけ客席中央に残り、しばらくそこで歌ってくれました。

正直、ステージ上だと、ほとんどコムアイさんが観えなかったんですが、中央でやってくれたことで、ほとんど最前列みたいなラッキーな状態。

f:id:napamaru:20170727070935j:plain

「ユタ」を歌うところあたりで、客席は最初の興奮のピークへ。

 

その後も、車輪がついた小さな台(アイドルライブで言うところの「トロッコ」のすごく小さいヤツ。スタッフが押している)みたいなもので、どんどん移動していきます。

後方の一段上がった客席に移動して、お客さんの中で「ライト兄弟」を歌ったり、2階席の方へ走っていっては、また1階席の逆側へ降りてきて、客席をまわりまくって、なんか激しい「ディナーショー」状態。

 

再び客席中央で歌い、「シャクシャイン」でみんなで大合唱。

観客みんなで飛び跳ねる。大盛り上がり。

 

最後、「桃太郎」でお馴染みの透明のボールに入って客席の上を転がるパフォーマンス。

思ったより転がる範囲が狭くて、もしかしたら、客席の場所によっては消化不良かも。

f:id:napamaru:20170727071142j:plain

個人的には、ずっと自分の付近で転がっていたので楽しかったんですけど。

 

アンコールは、「一休さん」から。

2曲目、「アマノウズメ」で小さいミラーボールが降りてきて、コムアイさんが、それの乗る、というパフォーマンスでまた盛り上がりました。

 

最後、コムアイさんが、客席前方右手の方へ退場していき(正直、どんな状態か全く観えなかった)、会場全体に炎の映写が写しだされ、最後は炎が消えてライブ終了。

ライブ終了、というか、その炎がくすぶって、終わったかどうかよくわからなかったんですが、とにかく、ライブ後半、会場の「暑さ」が殺人的だったので、早く会場を出たくて、出てしまいました。

最初と最後の演出の意味が、あまりよくわからなかったかもです。

 

しかし、個人的に初めての水カンのライブでしたが、ホントに楽しかったです。

基本的に、1人の演者がオケで歌うだけ、という条件の中、アイドルのように、決まった振り付けがある訳でもなく、(舞台美術などあったものの)ほぼ手ぶらで出てきて、観客をあれだけ盛り上げるのは、すごいと思いました。

 

水カンの武道館公演の映像を観ていて、演出先行のライブだったら、ちょっとツラそう、という不安はありましたが、やはり、コムアイさんから観客に手が届く距離の「ライブハウス」規模でライブ・パフォーマンスするのが、水カンには相性がいいんじゃないでしょうか?と、ニワカの僕は思いました。

なんだかんだ言って、コムアイさんが入ったボールが自分の上にきたら、気持ちがすごく上がります。

今回のライブ、個人的にはお腹いっぱいです。

 

最後のMCでは、これからも頑張るから観にきてください、みたいなことをコムアイさんがお願いしてましたが、言われなくとも、これからも見守りたいアーティストです。

 

【2017.07.26 セットリスト】

 

1.ゴッホ
2.嬴政
3.チャップリン
4.オードリー
5.メロス
6.バク
7.ウランちゃん
8.ユタ
9.ピカソ
10.ライト兄弟
11.ツチノコ
12.シャクシャイン
13.世阿弥
14.坂本龍馬
15.桃太郎

EN1.一休さん
EN2.アマノウズメ
EN3.マルコ・ポーロ

 

 

スポンサーリンク