日常エウレカ、ヘウレーカ

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

峰不二子という女

LUPIN THE THIRD 峰不二子という女

 声の出演:沢城みゆき栗田貫一

      小林清志山寺宏一

      浪川大輔 など

 

2012年4月から6月まで、日本テレビで深夜に放送されたルパン三世シリーズ。(全13話)
不二子が主人公の為、ルパンが出演しない回もあります。

 

絵柄としては、原作のイメージに近い雰囲気で、エロ表現もあり、まさに「大人のルパン」な感じです。
音楽もかなりオシャレ。
作品の景色・世界もかなり怪しめに描かれていて、いい感じです。

 

不二子、ルパン、次元、五右衛門、銭形とそれぞれ若い頃の設定のようです。
1~3話までは、不二子がそれぞれルパン、次元、五右衛門に出会うエピソード。
ですが、その出会いも含めて、最終話の不二子のルーツの話につながっていきます。

 

すでに金曜ロードショーでもキャスティングされてますが、声優陣は、次元役の小林清志氏以外は、オリジナルメンバーではなくなってしまいました。
僕自身、栗田氏のルパンになってから、ガッツリとルパンを見るのは何年ぶりでしょうか?
でも、山寺氏の銭形含めて、ルパン的な声の世界観は保たれていて自然に作品に引き込まれます。

 

ルパン三世TVシリーズは、これまで、第1、第2、第3シリーズとあり、一般的には、第2シリーズ(赤いジャケットのルパン)の声優陣がルパン一味の声として認識されていると思われます。(第1→第2になる際、不二子と五右衛門の声優が交代しています)
※後日注:その後、ルパン三世の新たなシリーズが制作されています。

 

峰不二子という女」の作品世界の雰囲気がかなり素晴らしいだけに、贅沢を言ってしまえば、オリジナルの声優陣のバージョンも見てみたい、という無理な感想も持ってしまいます。
DVD特典のオーディオコメンタリーでは、声優陣の「オリジナル」の声に対する「苦悩」も垣間見ることができます。今でも栗田氏は、山田康雄氏のオリジナル音声を参考にしてるんですね。
すごい努力。

 

ともあれ、ルパン三世ファンにははずせないシリーズの1つであることは間違いないです。
DVDもレンタルされてるので、ルパンファンは必見です。

 

 

スポンサーリンク